「自然に近いお通じ」をコンセプトに開発された植物性便秘薬「新ウィズワン」は、腹痛になりにくく、また習慣性が極めて低いため、初めて便秘薬を使用する方にもおすすめの自然派便秘薬です。

今回は新ウィズワンの成分や効果、副作用についてご紹介します。

ウィズワン

新ウィズワンの成分

新ウィズワンは、食物繊維が豊富なプランタゴ・オバタ種皮に加え、生薬成分であるセンノシドとカスカラサグラダを配合しており、自然に近いお通じを促すナチュラルな成分処方となっています。

食物繊維が水分を吸収して膨張しながら便を柔らかくし、生薬が腸内環境を整えながら無理のない緩やかな排便を促します。

食物繊維の効果を最大限発揮させるために、水分をしっかり取ることが大切です。


新ウィズワンの効能

新ウィズワンの効能は便秘の緩和はもちろんのこと、肌荒れや食欲不振、腹部膨満、腸内異常発酵などの便秘に伴う諸症状にも有効とされています。

また食物繊維が便を柔らかくするため、痔の改善にも効果的です。


新ウィズワンの実際の効き目は?

新ウィズワンの成分と効能を見てきましたが、実際に服用した際の効果が気になりますよね。

実際に新ウィズワンを使用した方の口コミや体験談の中でも、特に多くの方が共感されていた口コミをご紹介します。


夜の就寝前に服用すると、翌朝スッキリ

夜寝る前に服用すると、翌朝には便秘が解消されてスッキリするという口コミが多くあり、ゆっくり時間をかけて腸に働き、かつしっかり効果があることを多くの方が実感されているようです。


腹痛になりにくいが、個人差がある

他の便秘薬に比べて腹痛になりにくいと多くの方が実感されているようですが、多少の痛みを感じる場合もあるようです。

また1日に1包を3回服用したところ、お腹を下してしまったという意見もありましたので、症状や体調を見ながら服用する量を調節しましょう。


習慣性には注意が必要

新ウィズワンは一般的に習慣性・依存性が低いといわれていますが、繰り返し使用したり、長期間定期的に使用すると効き目が弱くなってくるという意見が目立ちました。

頻繁に服用することは避けて、どうしても必要な場合のみ利用したほうが良いでしょう。


水分を多めに取ると効果がアップ

新ウィズワンを服用する際には、コップ一杯以上の水、またはぬるま湯と一緒に飲むと高い効果が期待できるという意見が多数ありました。

水分不足は便秘の一因でもあるため、日頃から水分補給をこまめに行うことが大切です。


新ウィズワンの副作用

上記でも述べましたように、新ウィズワンは他の便秘薬に比べて副作用が少ないことが最大の特徴です。

しかしながら、可能性が低いとはいえ副作用は存在しますので、服用する際には注意が必要です。

可能性のある副作用として、腹痛、下痢、嘔吐、かゆみや湿疹、赤み等の皮膚への違和感、習慣性などが挙げられます。

初めて新ウィズワンを服用する場合は、最小量 (4分の1包以下) から摂取するようにし、自分の体に合うかどうか様子を見ながら量を調節しましょう。

また妊娠中の方は使用する前にかかりつけの医師に相談し、授乳中の方は服用を避けたほうが良いでしょう。


まとめ

新ウィズワンは自然成分と生薬で作られているため、3歳以上のお子様でも使用することができるほど安全な便秘薬です。

また、チョコレート風味なので、薬の味が苦手な方にも相性が良さそうです。

しかし、副作用やデメリットが全くないわけではありません。

ご自身の体調と相談しながら、用法容量を守った適切な使用を心がけましょう。

副作用やデメリットがどうしても気になるなら、オリゴ糖を毎日食べるというのも良いです。

オリゴ糖は、腸内フローラの善玉菌を増やして便秘を解消してくれる食品で、赤ちゃんからお年寄り、妊婦さんも安心して摂ることができます。