最近よくCMで聞いたりもする成分「ラクトフェリン」。

毎日すっきりしたいのと、免疫力をアップしたい!ということで、ネット通販で見つけたのが、「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」のサプリメント。

ラクトフェリンサプリメントの中でも、なかなか魅力的だと思いましたので、紹介させていただきます。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の公式サイトはこちら。
バナー原稿imp

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の特徴


ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌は、メイン成分の「ラクトフェリンが300mg」きちんと入っているのはもちろんのこと、その他成分として、話題の乳酸菌であるビフィズス菌、フェカリス菌も配合されています。

さらにオリゴ糖も入っており、耐熱性カプセルで生きて腸まで届くようになっています。

合計で4つの成分の効果を実感できるというわけですね。

ラクトフェリン


ラクトフェリンは、牛乳やチーズなどの乳製品に含まれている希少な成分。

牛乳から1日に必要なラクトフェリンを摂るとすれば、1日4.2リットル飲まなければいけません。

ラクトフェリンは、母乳(産後5日までが特に多い)にも多く含まれています。

産まれてまもない赤ちゃんに初乳をあげたほうが良いと言われているのは、ラクトフェリンで免疫力がアップするからなのかもしれませんね。

ラクトフェリンは以下の人におすすめできます。

  • 毎日すっきり過ごしたい。
  • 免疫力を高めたい。
  • 季節の変わり目も快適に過ごしたい。
  • 体内環境を良くしたい。
  • 美容に良いサプリメントが飲みたい。
  • 仕事や家事で、忙しい毎日を送っている。

通常のラクトフェリンサプリは、ヨーグルトの上澄みに出来るホエイを使用していますが、ホコニコのラクトフェリンは新鮮な生乳を使用しています。

熱に弱い成分なので、抽出・管理するのに十分な設備や技術が必要です。

ホコニコのラクトフェリンは熱に負けないカプセルを使用し、生きたまま腸まで届きます。

ビフィズス菌


日本人の持っている善玉菌で、一番多いと言われている。

ヨーグルトに多く含まれています。

悪玉菌を減らす対策として、頼りになる善玉菌といえるでしょう。

フェカリス菌


生きたままよりも、死んだ死菌のほうがパワーがあるという乳酸菌。

他の乳酸菌とくらべて、多く体内に取り込むことができ、腸内環境をととのえる働きがあります。

季節の変わり目や、アレルギーを緩和する対策として役立つでしょう。

オリゴ糖


北海道のさとう大根(甜菜)から摂れたオリゴ糖を使用。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなって、善玉菌を増やす働きがあります。

善玉菌とダブルで摂ることによって、より効率的に善玉菌を増やします。


「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の定期コースを購入してみました。



ラクトフェリンのサプリは高いイメージなのですが、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌は、初回限定1,980円で購入することができるのです!

(しかも送料・手数料無料で)

2回目以降は4,500円(税別)なのですが、定期コースにもかかわらず何回まで継続しなければいけないという「回数の縛りがない」ので、ものすごく注文しやすいです^^

同じラクトフェリンの他社サプリは、値段が高くなかなか手が出しにくい…

ので、ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌で実感があればこちらを継続していく予定。


軽くて小さい。持ち運びしやすそうです。

白と薄いオレンジ色の粉末が入ったカプセルです。


匂いは最初、わずかなミルクの香りがする気がしたんですが、時間が経つと無臭に近いかなぁ?と思いました。

1粒づつだと飲み込むのは無理なく飲めました。

ラクトフェリンがちゃんと腸まで届くように、カプセルは耐酸性タイプ。

カプセルを外して飲むこともできますが、そうするとラクトフェリンの効果が薄まってしまいます。

カプセルが苦手な方は、ホコニコのラクトフェリンは避けたほうが良いですね。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」のメリットは?

定期コースの初回がとても安い!しかもいつでもやめられる!



ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌には、定期コースで最低〇回取らなければならないという縛りがありません。

続けたくないなぁと思えば、連絡すれば解約することができます。

その場合は、初回1,980円しかかからないという。

高品質なラクトフェリンサプリが、これだけ安くお試しできる機会はほとんどないと言ってイイでしょう。

ラクトフェリンサプリの初心者でも満足できる「高品質な成分」


「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」の原材料は高品質でシンプル。

『デキストリン、甜菜オリゴ糖、乳酸菌末/ラクトフェリン(乳由来)、HPMC』となっており、余計な保存料や着色料、香料など入っていません。


デキストリンは、じゃがいもやとうもろこしから作られたデンプン。

HPMCは耐熱性カプセルの材料で、植物性セルロース(食物繊維)から出てきているものであり、ヒトに対する実験で「一生涯毎日摂取しても安全」と認められた成分です。


「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」のデメリットは?

品質を見ずに、値段の安さばかりを追求する人には合わないかも…。


とにかく安いサプリがいい!という方は、成分と値段だけ見て購入を判断してしまいがち。

本当に効果が実感できるのか?成分の量は?というのを見ないで買ったら、思い通りの効果が実感できずに、安物買いの銭失いになります。。

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」は、ラクトフェリンのサプリとしては安価なほうですが、ラクトフェリンの成分自体が希少なので他サプリと比べてどうしても高くなってしまいます。

生活習慣をあらためず、サプリにだけ頼ってしまう人には合わない。



ラクトフェリンだけ飲んでいればあとはOK!という人には向かないでしょう。

日頃の運動や食事などの生活習慣が、あまりに疎かになってしまっていたら、ラクトフェリンを飲んでいてもなかなか望んだ体感は得られません。

生活習慣に気をつけながら、ラクトフェリンをサポートとして飲むことで、いつもとはちがう体感を得られるでしょう。


「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」は公式サイトでしか売ってない



「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」は、楽天やアマゾンでは販売しておりません。(2017年2月現在)

通常価格は、1ヶ月分が7,800円です。

公式サイトでは、定期コース初回1,980円(税別)で送料・手数料無料なので、一番お得に購入できることになります。

定期コースの2回目以降は、42%OFFの4,500円(税別)になっていますので、初回を試してみてから続けるかどうか決めていいと思います。

家族で飲みたい場合には、月2袋コースの初回3,960円(税別)もあります。

どちらのコースも、「やさしいラクトフェリンのすすめ」という小冊子が無料でもらえます。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の公式サイトはこちら。
バナー原稿imp

「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」が飲めない人はいる?


お子さんやお年寄りの方でも、カプセルが飲めるなら飲むことができます。

ただ、妊娠中や授乳中の方はデリケートな体質になっていますので、飲みたいときは医師か薬剤師に相談してください。

あと、牛乳や乳製品に対するアレルギーがある方も避けましょう。


数あるラクトフェリンサプリでホコニコを選んだ理由とは!?

DHCのラクトフェリンと比較してみた。


DHCのラクトフェリンは、ラクトフェリンサプリのなかでもダントツの安さなんですよね。

アマゾンで1ヶ月分が2,189円。ヨーグルト風味のトローチでおいしいという宣伝でした。

しかし、口コミを調べてみると、味がまずいというウワサが…。


味の好みは個人差のようですが、好き嫌いの多い私はちょっと躊躇してしまいました。

あとは、成分もよけいなものが入っているのが気になったと言うのもあります。

森永ラクトフェリンヨーグルトと比較してみた。


森永ラクトフェリンヨーグルトは少し遠めのスーパーで購入しました。

しかし、うっかり冷蔵庫の奥へ押しやってしまい、食べ忘れて賞味期限が切れてしまったのもありました…。><


味はミルクっぽくてわりと美味しかったのですが、サプリメントとはちがって耐熱性の対応がないみたいなので、生きて腸まで届いているのかなぁ?と疑問でした。

ライオンのラクトフェリンと比較してみた。


ライオンのラクトフェリンは有名なのですが、とにかく高い。

奮発して購入しても、続かないのでは?続けられる自信がない…というのがありました。

あと、値段のわりに、口コミの星の数が思ったより少ないんですよね。

★の数が、5個満点中3個とか。

続けていても内臓脂肪に対して効果がなかったというマイナス意見が見られましたが、サプリメントだけ飲んで生活習慣をなにも変えなければ、効果が出ないのは当たり前では?と思いました。

トクホを取得していて効果は証明されているけど、いかんせんお値段が続けられないであろう…。

成分に関しても、有効成分以外によけいな添加物が入ってる気がしたので、そこが気になり購入はやめておきました。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の公式サイトはこちら。
バナー原稿imp