ビオフェルミン 便秘薬には、下剤や瀉下薬、漢方薬など、様々な種類が市販されています。その中の整腸剤と呼ばれるものは、便秘だけでなく下痢や腹痛などにも効果があるといわれています。

今回は、整腸剤の成分や効能、おすすめの市販されている整腸剤をご紹介します。

整腸剤の主な成分

整腸剤の主な成分の1つは生菌類です。特に乳酸菌は多くの整腸剤に含まれており、ラクボンやビフィズス菌、ラクトミン(フェーカリス菌やアンドフィルス菌など)が代表的なものとなっています。

複数の乳酸菌を配合している整腸剤もあります。

もう1つの主な成分は生薬類で、プランタゴ・オバタやケツメイシ、ゲンノショウコなどが挙げられます。


整腸剤の便秘解消効果

便秘薬の中の下剤と呼ばれる種類は、即効性があるため非常に人気がある便秘薬です。

しかしながら、下剤を服用して一時的に便秘が緩和したとしても、根本的な腸内環境や食生活、体調が改善されなければ、慢性的な便秘はいつまでたっても改善されません。

便秘の根本的な原因である腸内環境の悪化を改善したい場合は、整腸剤を使用することをおすすめします。

整腸剤の主成分である乳酸菌は、腸内の善玉菌の増殖をサポートし、また大腸菌や病原菌といった悪玉菌の活動や増殖を抑制します。

悪玉菌が腸内で増殖すると、腸内に有毒ガスや老廃物、便が蓄積され、腸の働きも悪化していきます。

乳酸菌を摂取することで腸内環境を改善することができ、腸の働きを活発にすることで便秘を解消してくれるのです。

このタイプの整腸剤には即効性を期待することはできませんが、便秘の根本的な原因を解消することができます。

また、生薬類を配合している整腸剤には、瀉下作用があります。この作用は腸に働きかけて蠕動運動を促進し、スムーズな快便を促してくれます。

なので、生薬類を配合している整腸剤は先ほどの乳酸菌配合の整腸剤に比べて、即効性も向上しているといえます。


整腸剤のその他の効能

前述の通り、整腸剤は腸内環境を良好に保つことによって、腸の不調を改善する働きがあります。

よって、整腸剤は便秘だけでなく、下痢や腹痛、腹部膨満といった、腸の不調が原因となっている様々な症状の緩和に効果があります。


整腸剤のメリット

1. 下剤や瀉下薬が効かない頑固な便秘にも効果がある


便秘には、様々な原因が考えられます。多くの人が悩んでいる一般的な弛緩性の便秘には、腸の働きを刺激するような下剤や瀉下薬が良く効くと思います。

しかしながら、痙攣性の便秘にはこれらの便秘薬は効果がなく、逆に便秘を悪化させる恐れがあります。

痙攣性の便秘の一因は腸の過敏な働きなので、下剤などを使用するとさらに刺激を与えて便秘を悪化させてしまいます。

このような便秘の場合は、整腸剤が最も適しています。刺激を与えずに、穏やかに腸内環境を改善するので、どのような原因の便秘にも対応できるのです。

2. 下剤との併用が可能

先ほども述べましたが、整腸剤は非常に穏やかな効き目であり、即効性を期待することはできません。

なので、非常に便秘が悪化しており、ガスや便が腸内に蓄積されてしまっている場合は、まずはそれらを一時的に体外へ排出して身体を楽にすることが優先となります。

その一方で、便秘を根本的に改善・予防することも非常に大切です。

このような場合は、整腸剤と下剤を併用することで、一時的な緩和と長期的な改善を同時並行で行うことができます。

両方の種類の便秘薬を使用することで、より高い便秘解消効果を期待することもできるでしょう。


おすすめの整腸剤

1. 乳酸菌配合の整腸剤

ビフィズス菌などの乳酸菌が含まれているものは、最も一般的な整腸剤です。

市販されているこのタイプの整腸剤でおすすめのものは、以下のとおりです。

新ビオフェルミンS錠:
こちらの整腸剤には、ビフィズス菌、フェーカリス菌、およびアシドフィルス菌の3種類の乳酸菌が配合されています。

3種類の乳酸菌によって、より高い整腸作用を期待することができます。


パンシロンN10整腸錠:
この整腸剤の主成分は、ラクトミンと呼ばれる乳酸菌となっています。乳酸菌の中でも特に耐酸性が高いため、生きたまま腸に届きます。

また、消化促進や腸内のガスの蓄積の解消など、便秘解消に効果的な成分が豊富に配合されています。

これらの整腸剤を服用することで、悪玉菌を抑制し、腸内環境を良好に保つことができます。それによって、便秘の解消だけでなく、便秘になりにくい体質づくりをすることができるのです。


2. 生薬配合の整腸剤

生薬配合の整腸剤には、腸の過敏な働きを抑制することで腸の不調を改善する止瀉作用があります。

おすすめの整腸剤は以下のとおりです。

太田胃酸整腸薬:
この整腸剤には、ゲンノショウコとアカメガシワと呼ばれる2種類の生薬が配合されています。

ゲンノショウコが腸の過敏な働きを抑制し、アカメガシワが腸の粘膜の炎症の改善をすることで、腸内環境を良好に保ってくれます。

さらに、この整腸剤にはビフィズス菌とラクトミンの2種類の乳酸菌も配合されているため、非常に高い効果を発揮してくれます。


まとめ

便秘になりにくい体質を目指したり、長期的なスパンで頑固な便秘を解消するには、整腸剤がおすすめです。便秘の原因やお好みに合わせて、適したものを選ぶようにしましょう。

日本人に合った乳酸菌を5種類配合!カルグルト

これまでの乳酸菌サプリが合わなかった…という方に試してみてほしい。

カルグルトは日本人の体に合った乳酸菌を5種類配合した、美味しいサプリメントです。

便秘や下痢以外にも効果があります。詳しくは下記ページをクリック。

カルグルト