「アペテート整腸薬NA」は、京都薬品ヘルスケアから発売されている、乳酸菌と納豆菌が配合された整腸薬です。

今回は、アペテート整腸薬NAの成分や効能、そして同じく乳酸菌が豊富に配合されている「ビオフェルミン」との違いなどについてご紹介します。

アペテート整腸薬NA

アペテート整腸薬NAの成分

アペテート整腸薬NAには、腸内の善玉菌の増殖を助ける「コンクビオゼニン」と「ビフィズス菌」の2種類の乳酸菌に加えて、「ビオナットミン」という納豆菌が豊富に含まれています。

以下にアペテート整腸薬NAの主成分をご紹介します。

  • ビオナットミン(納豆菌)
  • ビフィズス菌(乳酸菌)
  • コンクビオゼニン(乳酸菌)
  • ビオヂアスターゼ2000(消化酵素)
  • ニコチン酸アミド
  • 無水リン酸水素カルシウム
  • 沈降炭酸カルシウム


アペテート整腸薬NAの効能

納豆
アペテート整腸薬NAに含まれているコンクビオゼニンとビフィズス菌という2種類の乳酸菌は、腸内の善玉菌のエサとなります。

腸内には腸の正常な働きを維持する善玉菌と、腸内環境を悪化させる悪玉菌が存在しており、善玉菌を増殖させることによって、腸内環境を良好にすることができます。

さらに、ビオナットミンと呼ばれる納豆菌は熱や胃酸に強く、生きたまま腸に到達することができます。

生きたまま届いた納豆菌は腸内の善玉菌の増殖をサポートし、強力な殺菌作用で悪玉菌の数を減らしてくれます。

これらの成分の整腸作用により、便秘やそれに伴う腹部膨満感、軟便を解消してくれます。


ビオフェルミンとの違い

ビオフェルミン 多くの乳酸菌を配合しているビオフェルミンとの違いは、まず配合されている乳酸菌の種類です。

ビフィズス菌はどちらの整腸薬にも配合されていますが、アペテート整腸薬NAにはコンクビオゼニンが含まれているのに対して、ビオフェルミンには「フェーカリス菌」と「アシドフィルス菌」という2種類の乳酸菌が配合されており、合計3種類の乳酸菌が含まれています。

また、アペテート整腸薬NAには納豆菌が含まれていますが、ビオフェルミンには含まれていません。


アペテート整腸薬NAの口コミ

すっきりしている女性

実際にアペテート整腸薬NAを使用した方の感想をいくつかご紹介します。

「即効性はあまりかんじられませんが、緩く自然に効く感じがします。」

「ヨーグルト風味で、小粒なので飲みやすいです。腹痛などもないので続けやすいと思います。」

「お手ごろな価格で、便秘にも下痢にも効果がありました。」


まとめ

アペテート整腸薬NAを実際に使用した方の口コミを見ると、腹痛などの副作用は見られないようですが、まれに皮膚のかゆみや発疹、下痢などの副作用があるとのことですので、量を調節しながら様子を見て服用してください。

副作用のない便秘薬を探しているのなら、まずはオリゴ糖を試すことをおすすめします。オリゴ糖は自然なかたちで腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らしてくれます。

赤ちゃんから妊婦、お年寄りまで安全に摂取できる食品となっています。