onara

副交感神経によって管理されている胃腸は、身体や心の状態がダイレクトに影響します。

下痢や便秘の他にも、様々な原因によっておならの臭いがきつくなったり、回数が多くなることがあります。今回は、おならの臭いがきつくなったり、回数が多くなる原因とその対策についてご紹介します。

腸内環境の悪化

腸内には善玉菌と悪玉菌という2種類の菌がいます。善玉菌は腸内環境を良好に保ち、胃腸の正常な働きをサポートしてくれます。

一方悪玉菌は、タンパク質を分解することによって硫化水素やアンモニア、スカトール、インドールといった臭いが強烈な有毒ガスを発生させ、腸内環境を悪化させます。

善玉菌は悪玉菌の働きを抑制してくれますが、その善玉菌の数が減ってしまうと、悪玉菌が優勢となり、臭いが強烈なおならを生み出してしまうのです。


腸内環境の悪化を対策

腸内環境が悪化している場合は、腸内の善玉菌を増やすことで環境を改善することが大切です。

ビフィズス菌などの乳酸菌のサプリメントや、納豆などの発酵食品を積極的に摂取することで、善玉菌を増やすことができます。

また、腸内にもともといる善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖も良い食べ物です。

オリゴ糖は便秘に良いですよ!結果を出すための食べ方


臭いの強い食べ物をたくさん食べる

硫黄化合物が多く含まれているにんにくやにら、ねぎや、動物性タンパク質を多く含んでいる肉を中心とした食生活の場合、排出されるおならの臭いが強くなる可能性があります。


消化不良

胃腸が消化不良を起こし、臭いのきつい有毒ガスを体内に発生させている可能性があります。特にヨーグルトや牛乳などの乳製品は、乳糖不耐症の人が摂取すると消化不良を起こす場合があります。

乳糖不耐症とは、乳糖を消化する酵素が体内に少ないため、消化しきれずに消化不良を起こす状態を指しています。

乳製品を食べた後にお腹が緩くなりやすい場合は、できるだけ摂取を控えるようにするとおならの臭いが軽減されるでしょう。


食物繊維の過剰摂取

便秘予防に食物繊維をたくさん摂取している場合、その食物繊維がおならの頻発の原因になっているかもしれません。

食物繊維を過剰に摂取すると、腸内で分解される時に発酵して臭いのきついガスを発生させるため、おならが出やすくなります。

厚生労働省が推奨している1日の食物繊維の摂取量は、女性の場合は17グラムとなっているので、この数値を目安に摂取する量を調節しましょう。


あまりにも、おならの臭い・頻発がひどいときは病気のことも?!

あまりにも臭いがきつい場合や、回数が頻発している場合は、何らかの重大な病気が原因となっている場合もあります。このようなおならの症状の主な理由をまとめてみました。


潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎は、大腸粘膜が炎症を起こすことによってびらんや潰瘍が引き起こされる病気です。潰瘍性大腸炎になると、便秘や下痢の他、おならの臭いが強烈になることがあります。


大腸がん

大腸がんになると、おならの臭い成分であるメタンチオールが健康な人に比べて10倍以上の高さになり、腐ったタマネギのような強烈な臭いになります。


大腸憩室症

大腸憩室症は腸内の内壁の一部が袋状になって飛び出してしまう病気です。大腸憩室症の場合は、このような飛び出す症状が複数見られる状態のことを指します。

大腸憩室症になると、おならの臭いがきつくなったり、回数が多くなる場合があります。


過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、過度なストレスや自律神経の乱れ、精神不安定などの心身にかかる負担によって引き起こされる病気です。

過敏性腸症候群にかかると、便秘や下痢などに伴って臭いのきついおならや、おならの頻発を引き起こす場合があります。


過敏性腸症候群の対策

厚生労働省研究委託費研究から、過敏性腸症候群の治療に関するガイドラインが発表されています。

過敏性腸症候群かもしれないという心当たりがある場合は、病院で診察を受ける前に、このガイドラインを確認しておくことをおすすめします。

また、過敏性腸症候群は精神的なストレスが原因となっているため、心当たりのある要素は些細なことでもよいので、医師に報告するようにしましょう。

過敏性腸症候群(IBS)はつらいんです!症状と原因・対策


歯列接触癖

歯列接触癖は、上下の歯が常に触れ合っている状態が慢性的な癖になっている症状を指します。

代表的なものは就寝中の歯ぎしりや歯の食いしばりですが、少しでも上下の歯が長時間触れ合っているだけでも、身体全体の筋肉の緊張状態が続き、疲労や頭痛、肩こりなどの原因となります。

また、上下の歯が重なる時間が長いと、その分だ液の分泌量が増え、そのだ液を飲み込む際に空気も一緒に体内に取り込まれます。

このように取り込まれた空気が大量に体内に蓄積され、結果としておならの頻発を引き起こしてしまうのです。


歯列接触癖の対策

歯列接触癖は、意識的に上下の歯を引き離すことを習慣づけていくことが大切です。パソコンやデスクに「歯を離す」などと書いたメモを貼っておき、メモを目にするたびに意識的に歯を離しましょう。

時間を要しますが、これを繰り返すことで歯列接触癖を改善することができます。


遅延型フードアレルギー

牛乳や卵などの食べ物のアレルギーによって、胃腸の働きに異常をきたす場合があります。遅延型フードアレルギーは、食後数時間から数十時間程度で様々な症状が現れます。

下痢や便秘、過敏性腸症候群、腹部膨満感といった消化器官に関連する症状から、うつ、頭痛、ドライスキン、アトピー性皮膚炎、湿疹、アレルギー性鼻炎まで、現れる症状は人によって様々です。

遅延型フードアレルギーは、食べ物を食べてから症状が現れるまでに時間がかかるため、自分で食物別にアレルギーの有無を判断することは極めて難しいです。

遅延型フードアレルギーによって、おならの臭いがきつくなったり、回数が多くなる症状が現れる場合もあります。

過敏性腸症候群の治療や生活習慣の改善に努めても症状が改善されない場合は、アレルギー反応を起こす可能性がある食べ物を食べた日に症状が現れていないか注意してみましょう。

心当たりのある場合は、速やかに専門機関での検査を受けることをおすすめします。


まとめ

おならの臭いや頻発には様々な原因が考えられますが、ご自分の生活習慣を照らし合わせて、心当たりがあるものがないかチェックしてみましょう。

大腸がんや潰瘍性大腸炎などの重大な病気が原因の場合は、おなら以外にもそれぞれの病気の兆候が並行して現れる場合が多いので、異常なおならに伴い腹痛や血便などがみられ、解決できないと思った場合には、速やかに専門機関に相談してください。

便秘にも下痢にも効果あり!腸内環境をととのえるオリゴ糖


オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれる、天然成分。
そのなかでも「オリゴのおかげダブルサポート」は特定保健用食品の認定を受けたオリゴ糖です。
1日当たり41.9円で、すっきりした方が続出です!

オリゴのおかげ下バナー