つらい腰痛、その原因とは?

腰痛がある女性

多くの人を悩ませる腰痛。突然ぎっくり腰のように痛みが生じる急性の腰痛から、常に腰付近の痛みや違和感が続く慢性的な腰痛まで、症状は人によりそれぞれ異なります。

厚生労働省による国民生活基礎調査によると、腰痛に悩む日本人はなんと1千万人以上になるそうで、特に女性に多い症状であることが分かっています。

腰痛は、背骨を構成する「椎骨」や、骨と骨の間でクッションの役割を担う「椎間板」がズレを起こしたり、その結果、背骨の中央にある「脊柱管」と呼ばれる神経部分に骨が直接接して刺激してしまうことなどが原因で、腰のまわりに痛みが発生するのです。

そもそも「椎骨」や「椎間板」のズレや、腰痛がなぜ起きてしまうのかについては、さまざまな原因が考えられます。

例えば、長時間に渡って同じ姿勢で座り続けたり、あるいは慢性的な運動不足などにより椎骨や椎間板にずっと同じ負担がかかり続けることは腰痛の原因になります。

このため、デスクワークが主な仕事という方で腰痛が多くなるのです。

また近年増えているとされるのは、ストレスや不安など精神的な要因により生じる腰痛で、心因性腰痛症と呼ばれる症状です。

腰痛の人の多くが、いわゆるうつ状態にあるという研究結果も報告されています。

さらに、他の内臓系の疾患が原因で腰痛になるケースもあります。


腰痛になると、便秘になる?

この腰痛と同時に便秘の症状に悩まされる人も少なくありません。

腰痛と便秘、一見無関係のような2つの症状ですが、実は腰痛の原因と便秘の原因、非常によく似ているのです。

例えば、運動不足。排便にはある程度の筋力が必要なため、運動不足やデスクワーク中心の生活によって筋力が衰えていくと便秘になる可能性があります。

また、腰痛の原因にもなる精神的ストレスは、便秘の要因にもなり得ます。

ストレスにより自律神経に乱れがでると、大腸で作られた便を肛門側に押し出すための大腸の蠕動運動が弱くなり、排便が起こりにくくなってしまうからです。

これ以外にも大腸がんや糖尿病などの内臓系の疾患によって便秘を発症することが知られており、同じく内臓系の疾患は腰痛を引き起こす場合もあります。

このように腰痛の原因と、便秘の原因は共通点が多く、一方を発症すると他方も同時に発症する、つまり2つの症状に同時に悩むことになることが多いようです。


便秘と腰痛、その対処方法

原因の共通点が多いということは、原因となる問題が解消されれば、便秘も腰痛も同時に解消できるということ。

例えば運動不足が原因で便秘と腰痛に悩む方にとって必要なのは、やはり定期的な運動習慣。

運動と言っても負荷の高い運動は必要なく、できるだけ歩くことを心がけるなど、少しずつでも良いので身体を動かす習慣を身に付けることが重要です。

これによって大腸の動きを活性化したり、あるいは姿勢の歪みを矯正することができ、2つの症状を同時に解消できる可能性があります。

また、精神的なストレスが要因で便秘と腰痛に悩む方には、身体を休息させ、リラックスさせることが必要です。

ストレスにより緊張状態が続き、硬直している筋肉をほぐすためにも、身体を十分に休めたり、あるいはストレッチなどを行うことは、便秘と腰痛の解消に効果的と考えられます。

一方で、内臓系の疾患が原因となり発生する便秘や腰痛の場合は、その原因となる疾患の治療が最優先です。

こちらは医師と相談しながら治療を進めていくしかありませんね。

「大きな病気をしている訳ではないのだが、慢性的な腰痛と便秘に悩まされている…」

という方は、運動不足やストレスが便秘と腰痛の”共通原因”になっている可能性が高そうです。

運動不足解消、ストレス解消により2つの症状を同時に解決してしまいましょう!

運動不足による便秘について

精神的ストレスによる便秘10項目@ちょこっと解決法

日本人に合った乳酸菌を5種類配合!カルグルト

これまでの乳酸菌サプリが合わなかった…という方に試してみてほしい。

カルグルトは日本人の体に合った乳酸菌を5種類配合した、美味しいサプリメントです。

便秘や下痢以外にも効果があります。詳しくは下記ページをクリック。

カルグルト