キシリトールガム販売

キシリトールの入っているガムは、虫歯になりにくいガムとして人気です。

ところが、キシリトールガムの表示の部分には、「おなかがゆるくなることがあります」と…。

下痢になる可能性があるということは、便秘に効果があるということでしょうか?

キシリトールガムが便秘に効果があるのか、調べてみました。


キシリトールガムは便秘解消の力があるのか?


適切な量を食べることにより、腸内の善玉菌を助ける効果があります。

たくさん噛むと、便秘解消の力というより、下痢にする働きがあります。

キシリトールは、シラカバなどの樹液にも含まれている自然界由来の甘味料です。

イチゴなどにも含まれていますので、100%人工的なものではありません。


適度に摂ることで腸内環境改善の可能性


キシリトールガムは、「糖アルコール」です。

「糖アルコール」には虫歯を予防する効果もありますが、整腸作用もあります。

腸内の善玉菌といわれるビフィズス菌などの乳酸菌は、キシリトールを分解して酢酸や乳酸などの酸性物質を作り出します。

酸性物質は、腸内の悪玉菌を抑える効果があり、善玉菌が働きやすくなる環境を整えます。

善玉菌が活躍しやすくなると、腸は蠕動運動を起こしやすくなるため、便秘になりにくくなるのです。


たくさん摂ることで下痢の可能性


キシリトールは、消化されずに腸まで届く甘味料です。

腸で腸内細菌に分解され、善玉菌を増やす効果もあるのですが、腸内で大量の水分を放出する性質も持っているのです。

というのも、キシリトールは体内を通過するときに大量の水分をため込む性質があります。

ため込んだ大量の水分は、キシリトールが分解される時に大腸内に放出されます。

その結果、急に大腸は水分が増える刺激を受けます。その刺激で、下痢を引き起こすことがあるのです。

そのため、キシリトールはアメやガムなどには添加されますが、ケーキなどのように大量に甘味料を必要とするスイーツには添加されません。

下痢の可能性があるからです。そして、このメカニズムは腸にとって少し「危険」なのです。


キシリトールで便秘を解消してもいい?


勧められません。

なぜなら、キシリトールで便秘を解消するメカニズムは薬に比べると弱いですが、大腸刺激性下剤のメカニズムと同じだからです。

大腸刺激性下剤も、大腸を直接刺激することによって蠕動運動を起こさせて便秘を解消します。

腸はとても刺激になれやすい臓器です。

そのため、キシリトールも常用していると、どんどん量を増やさないと効果が出なくなります。

便秘を解消する良い方法は、自然な蠕動運動が起きる腸になることで、下痢のような急な刺激を与えることではありません。

腸は刺激になれると、自分から蠕動運動を起こさなくなってきます。

蠕動運動を起こさなくなった腸は伸びきって、さらに強い刺激を与えないと動かなくなってしまいます。

キシリトールはこうなる危険性があるので、常用はお勧めできないのです。


妊婦さんにキシリトールは効果ある?


便秘解消のためにたくさん食べるのはお勧めできませんが、妊婦さんが食べるなら便秘以外のところで良い効果があります。

キシリトールガムは、虫歯を作らない糖分です。

それどころか、食後にキシリトールガムをかむことで口内の虫歯菌を減らす効果もあるのです。

妊婦さんが普段から口内の虫歯菌を減らし、産後も虫歯菌が少ない口の中にしておくことで、赤ちゃん(乳幼児)の時期の虫歯が減らせることがわかっています。

妊娠中は、歯も弱くなります。

キシリトールガムを適切な量噛む習慣をつけることで、歯を虫歯から守れる可能性が高まります。

適度な量を守ることで、腸内環境も改善されます。

劇的に便秘を解消する効果は妊婦さんには勧められませんが、徐々に腸内環境を改善し、赤ちゃんに移るといわれている虫歯菌も制御できる甘味料として妊婦さんには向いていると思われます。

日本人に合った乳酸菌を5種類配合!カルグルト

これまでの乳酸菌サプリが合わなかった…という方に試してみてほしい。

カルグルトは日本人の体に合った乳酸菌を5種類配合した、美味しいサプリメントです。

便秘や下痢以外にも効果があります。詳しくは下記ページをクリック。

カルグルト