梅干し
梅干しは昔から、抗菌作用や疲労回復、食欲不振などに効果があるといわれており、夏の暑い季節にはピッタリの食品です。

この梅干しには、実は便秘解消効果もあることをご存じですか?今回は梅干しの便秘解消効果についてご紹介します。

なぜ梅干しが便秘解消に効くの?

梅干しが便秘解消に効果的であると言われる理由は、クエン酸が豊富に含まれているからです。

酸味成分であるクエン酸は、TCAサイクルと呼ばれる、炭水化物と酸素からエネルギーを生み出す身体のシステムを活性化し、疲労回復を促進してくれます。

このクエン酸の以下の3つの作用により、梅干しは便秘解消に役立っているのです。

1.腸の蠕動運動を促進する
排便をするには、腸内の便を外へ排出させる、腸による蠕動運動が必須となります。

クエン酸はTCAサイクルを活性化させるとともに、腸をはじめとした内蔵や身体の機能の働きを促進してくれます。腸の働きを活発化させることで、排便を促すのです。


2.ストレスなどの自律神経の乱れを改善する
クエン酸には、ストレスを緩和させる作用があります。自律神経の乱れや精神的な不安定を改善し、これらの精神的な要素が原因となっている過敏性腸症候群の軽減・抑制に役立ちます。


3.腸内環境を改善する
クエン酸は酸味成分であるため、腸内を酸性の状態に保ちます。腸内環境が酸性になると、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が繁殖するのに適した環境となります。

このような状況を維持することで善玉菌の増殖を促し、悪玉菌の繁殖を抑制することで腸内を良好な環境に保ってくれます。

クエン酸のこれらの3つの作用によって、梅干しは便秘解消に大いに貢献してくれるのです。

また、梅干しが持つ便秘解消に効果がある成分はクエン酸だけではありません。

梅干しの梅肉には、便秘解消に必須とも言える食物繊維が豊富に含まれています。

梅肉には水溶性・不溶性の両方の種類の食物繊維が含まれているので、両方の食物繊維を効率的に摂取することができます。

さらに、梅肉には様々な種類のミネラルも含まれており、特にマグネシウムが豊富に含まれています。

マグネシウムは水溶性食物繊維のように、多くの水分を腸や便の中に取り込もうとする作用があり、それによって便を柔らかくしてくれます。

この働きによって硬便を防ぎ、スムーズな排便を促してくれるのです。


梅干しの種の便秘解消効果

梅干しの果肉だけでなく、種にも便秘解消の効果があるのをご存じですか?

梅干し丸呑み健康法と呼ばれており、名前の通り梅干しの種を丸呑みするだけで便秘解消の他、痔や胃痛、胸焼けに効果があるといわれています。

梅干しの種の中には、消炎作用や整腸作用、殺菌作用などを持つ成分が含まれているため、丸呑みすることでそれらの作用を持つ成分を体内に取り込むことができます。

しかし、梅干しの種にはアミグダリンと呼ばれる青酸配糖体が微量ですが含まれており、大量に摂取すると身体に害を及ぼす恐れがあるので、過剰摂取は避けるようにしてください。


梅肉エキスで有効成分を効率的に摂取

上記のように、梅干しには便秘解消に役立つ成分がたくさん含まれています。このような有効成分を効率的に摂取したい場合は、梅肉エキスがおすすめです。

梅肉エキスは、新鮮な梅を長時間煮込んで濃縮したエキスです。便秘に効く成分がギュッと凝縮されているので、梅干しよりも一層高い便秘解消効果を期待することができます。

また、梅肉エキスには可逆性と呼ばれる働きがあり、状況や症状に応じて腸の働きをコントロールしてくれます。

まとめ

疲労回復や抗菌効果の他に、便秘解消効果もある梅干し。毎日の食生活に上手に取り入れて、便秘解消・予防に努めましょう!

日本人に合った乳酸菌を5種類配合!カルグルト

これまでの乳酸菌サプリが合わなかった…という方に試してみてほしい。

カルグルトは日本人の体に合った乳酸菌を5種類配合した、美味しいサプリメントです。

便秘や下痢以外にも効果があります。詳しくは下記ページをクリック。

カルグルト