yasai

酵素ってどういうもの?

酵素というと、初めて聞いたときは、なんだか特別な分子のようなものや洗濯用の洗剤を想像していたのですが、調べてみたら実にさまざまなものに含まれている成分「たんぱく質」の一種でした。そして、いろいろな働きをしているのです。

人間の体は、じつは酵素なしでは生きられないという設定になっています。生命活動のすべてに酵素がかかわっているからです。

酵素の働きを上げてみると、

  • 食物を消化し、エネルギーに変える。
  • 免疫機能や自然治癒力を維持している。
  • 腸内環境を良くして、便秘や下痢を解消する。
  • 疲労回復。
  • 肌をきれいにする。
  • 血液をきれいにして、血流を良くする。
  • 基礎代謝があがり、老廃物が貯まりにくくなる。
  • 生活習慣病を予防する。

など、上記以外にもさまざまな働きをしています。

酵素は大きく分けて2種類あります。


体内酵素

人間の体の中で作られる酵素。

細胞の再生や免疫力アップなどの活動を支える代謝酵素と、食べ物を消化吸収して栄養をエネルギーに変える消化酵素があります。

年を取るたびに、体内で作られる酵素はどんどん量が減っていくので、食べ物から酵素を補うことで、酵素の効果を実感することができます。


食物酵素

生の野菜や果物などに含まれている。温度が48度以上になると死滅してしまうというリスクが。

なので、普通の炒め物などの調理で作られる、野菜炒めなどには酵素は入っていないです。

生の野菜や果物をすりおろすと、細胞から酵素があふれて通常より酵素量が増えるが、早めに食べないと酸化してしまい、あまり効果がなくなるので注意が必要です。


酵素を多く含む食べ物


生野菜・果物

生の野菜と果物は、酵素の宝庫。酵素だけではなく食物繊維も取ることができ、便秘の対策に必要不可欠なものでしょう。


黒酢

普通のお酢は精米から発酵させているが、伝統的な黒酢は玄米を発酵して作られる。中国の香酢は、大麦やコーリャンを使っています。沖縄のもろみ酢は、泡盛を作る過程でつくられる、もろみ粕を絞って作られています。

アミノ酸が豊富で、美容にも良いと言われています。


甘酒

麹を発酵させて作る甘酒は酵素タップリで、便秘に良いと言われているオリゴ糖や食物繊維も豊富です。温めて飲むのが一般的ですが、酵素を壊さずに飲みたいのなら冷やしたまま飲むのが良いでしょう。

市販されている甘酒の多くは、砂糖が入っているので、砂糖が入ってない甘酒を選ぶのが良いそうです。


納豆

納豆には便秘に良い食物繊維とオリゴ糖が豊富に含まれています。さらに、納豆に含まれているナットウキナーゼが血液をさらさらにしてくれます。生活習慣病の予防にもなると言われている食べ物です。


酵素ドリンク

酵素を濃縮したドリンクタイプにして、ビンに詰めたもの。いろんな種類の野菜や果物が入っている。そのままだととても飲みにくいので、ジュースや水などで割って飲む。

市販のものと手作りのものがあります。

最近では、酵素ドリンクダイエットなどが流行していましたね。なので、酵素は痩せるというイメージが強い人もいるかと思います。

代謝が上がる上、腸のぜん動運動も高まるので、便秘が解消されることで痩せるという結果にもつながっています。





酵素サプリ

粉末タイプやカプセルタイプになっていサプリ。水で飲みこんだり、水に溶かしたりして飲む。酵素ドリンクが飲みにくいという人や、手軽に酵素を取りたい人にピッタリ。

デメリットは酵素ドリンクとちがって、粉末やカプセルにするために凝固剤や添加物を使用していることです。

114種類の酵素が一度に摂れる【丸ごと熟成生酵素】はこちら


酵素で便秘になる原因は?

酵素ドリンクや酵素サプリを摂取したら、便秘が良くなったという意見が多いのですが、逆に飲む前と比べて便秘になってしまったという人もいたりします。

どうして、真逆の意見が出てくるのでしょう。それは、個人の腸内環境や生活習慣などによります。

酵素ドリンクを使って断食ダイエットをすると、腸へ運ばれる食べ物が減り、便秘になることがあります。

食べるもの自体が減ったので、よくよく考えれば便の回数が減るのはあまり不思議ではないかもしれません。

毎日出ていないと便秘という思い込みもあると思います。

もう一つの理由が水分不足です。

酵素は、体全体の新陳代謝を良くします。新陳代謝が良くなるということは、汗や尿などが多く排出されるということです。

そのため、腸内の便に含まれている水分まで代謝のために使われて、便がカチコチに乾いてしまい、固まって便秘になるという仕組みです。

対策としては、酵素を多く摂取したら水分も多く摂取することです。

普段から水分の摂取量が少ないという人は、酵素ドリンクやサプリを摂取することで便秘がレベルアップして、よけいに出なくなってしまうリスクがあります。


水分を多く取れない人へのおススメ

忙しくて水分を多く取ると、トイレへ行く回数が増えて困る!トイレへ行けない仕事である、というのもけっこうあります。

私もトイレが近かったにかかわらず、最高5時間トイレへ行けない仕事をしていたことがあるので、昼食時に水分をまちがえて多めに摂取してしまった日には、トイレがガマンできずに行ってしまい、白い目で見られたものです…><

病気の関係で水分が多く取れないという場合もあるでしょう。

何らかの事情で水分が多く取れないという人には、乳酸菌サプリやオリゴ糖がおすすめです。

腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らすという、便秘の基本的な対策方法です。

酵素とちがって、食物繊維が直接的に関係していないので、水分が多く飲めないという方でも対策することができます。


乳酸菌サプリ

市販のヨーグルトは、菌の種類が少ない。

多く取ろうとするとお金がかかってしまう。

どの乳酸菌が自分に合うのかは、摂取してみなければ分からないからです。

そんなときは、1つの菌がいっぱい入っているものではなく、少しづつでもいいから多くの種類の菌が入っているサプリが良いでしょう。

16種類の乳酸菌が入った乳酸菌革命サプリメントはこちら。


オリゴ糖

善玉菌のエサになる。頑固な便秘には、菌の種類が多い乳酸菌サプリ&オリゴ糖の組み合わせがばつぐん。

下痢が起こることもあるので、その場合は飲む量を調整する。

おススメの飲み方としては、まずは乳酸菌サプリを取ってみて、それでも良くならなければオリゴ糖をプラスして取ってみるというのがおススメです。

なるべく食べ物から乳酸菌を取りたい!という方は、ヨーグルトや納豆・みそ汁といった発酵食品に、粉末オリゴ糖を混ぜて食べるのがおススメです。

便秘にも下痢にも効果あり!腸内環境をととのえるオリゴ糖


オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やしてくれる、天然成分。
そのなかでも「オリゴのおかげダブルサポート」は特定保健用食品の認定を受けたオリゴ糖です。
1日当たり41.9円で、すっきりした方が続出です!

オリゴのおかげ下バナー