ねじれ腸

ねじれ腸とは、腸の一部がねじれてしまっている状態を指します。実は、日本人の約8割がこの「ねじれ腸」に悩まされているというデータが発表されています。

腸がねじれているため、排便がスムーズに行われず便秘になりやすくなってしまいます。また、ねじれ腸とともに取り上げられているのが「落下腸」という症状です。

落下腸は、腸が正常な位置よりも下のほうにずれてしまっている状態を指します。落下腸もスムーズな排便を妨げる場合があり、慢性的な便秘の原因となります。

今回は、これらの「ねじれ腸」と「落下腸」の原因とマッサージによる対策方法をご紹介します。

ねじれ腸・落下腸の原因と問診チェック

ねじれ腸と落下腸は、どちらも腸の構造上の欠陥であり、大部分は先天的・遺伝的なものとなっています。

つまり、成長の過程で腸が上手く発達しない、または上手く固定されずにねじれてしまったり、ぶら下がった状態で通常よりも下の位置になってしまうということです。

落下腸に関しては、正常な腸は「上行結腸」及び「下行結腸」という腸管の2か所が後腹膜に埋まって固定されています。

しかし、落下腸の場合はこれらの位置に固定されずにぶら下がっているため、大腸が骨盤の近くまで落ちてしまい、結果として腸管が複雑に折れ曲がってしまうことになります。

自分が「ねじれ腸」または「落下腸」であるかどうかは、以下の項目で簡単にチェックすることができます。

  • 便秘の際に腹痛を伴う
  • 幼少期から便秘がちである
  • 便秘後に下痢になりやすい
  • 運動不足になると便秘になりやすい
  • 立ち上がる際に下腹が出る (落下腸の場合)

2つ以上当てはまる場合は、「ねじれ腸」または「落下腸」である可能性があります。

しかし、これらのチェック項目ではどちらになっているかまではわからないので、あまりにも重度な症状の場合は専門機関で検査する必要があります。


治療法は確立されていない

日本人の多くが有しているといわれているねじれ腸と落下腸ですが、実は医療の世界ではきちんとした治療法が確立されていません。

ねじれ腸と落下腸の症例は欧米諸国などの諸外国では確認されておらず、日本人特有の症状であることも、これらの症状の研究が遅れている理由の1つとなっています。

医療機関では、腸がねじれているか、位置がずれているかどうか確認してくれるかもしれませんが、その後の治療対策はアドバイス程度にとどまるかもしれません。


自分でできるケアマッサージ

残念ながら、ねじれ腸や落下腸を完全に治すことは極めて難しいのが現状です。しかし、ねじれ腸や落下腸が原因で腸内に溜まってしまった便の排出を促すことで、便秘などの症状を改善することはできます。

ねじれ腸と落下腸の症状の改善に効果的なマッサージ方法をご紹介します。


ねじれ腸に効果的なマッサージ

腸において、「横行結腸」、「下行結腸」及び「S字結腸」の3つの場所が、特にねじれやすい箇所であるといわれています。

この3か所に効果的なマッサージを施すことによって、便秘などの症状の改善を促すことができます。


1.横行結腸へのマッサージ
(1) 真っ直ぐ立ち、両足を肩幅程度に広げます。 

(2) 両手を水平方向に広げて、上体をゆっくりと左右に交互にひねります。

この運動を約1分間続けます。お腹がひねられていることを意識しながら行うことが大切です。


2.下行結腸へのマッサージ
(1) 仰向けに寝て、両ひざを立てます。

(2) 腰の下にクッションや座布団などを敷きます。

(3) 左側の肋骨の下の部分から骨盤にかけて、両手でゆっくりと優しく押していくようにマッサージします。

このマッサージを約1分間続けます。腸に刺激を与えているようなイメージをもって行いましょう。


3.S字結腸へのマッサージ
(1) 仰向けに寝て、両ひざを立てます。

(2) 腰の下にクッションや座布団などを敷きます。

(3) おへその下あたりの部分から恥骨にかけて、両手の指を使ってゆっくりと押すようにマッサージします。これを約1分間行います。

(4) 今度は恥骨からおへその下あたりにかけて、腸を持ちあげるようなイメージでマッサージします。こちらも約1分間行います。

これらのマッサージを1セットとして、できれば1日に2回、朝食の前と就寝前に行うと効果的です。激しい運動や難しい動作はないので、自宅で気軽に行うことができます。


落下腸に効果的なマッサージ

(1) 仰向けに寝て、両ひざを立てます。

(2) 腰の下にクッションや座布団などを敷き、10センチメートルほど腰を浮かせることで、落下している腸を上に押し上げるようにします。

(3) 恥骨からおへその下の部分にかけて、腸を押し上げるようなイメージで指を使って約1分間マッサージします。

(4) 今度はおへその下から恥骨にかけて、指で優しく押しながら約1分間マッサージします。

こちらのマッサージも朝食前と就寝前の1日2回行うと効果的です。


まとめ

ねじれ腸や落下腸には抜本的な治療方法がまだ確立されていませんが、自宅で簡単にその症状を改善することはできます。簡単なマッサージを行って、症状改善を目指しましょう!