アローゼンは、植物のセンナから作られた1967年発売の歴史のある便秘薬です。

即効性がありながらも、天然成分で作られているため身体に優しく、副作用も少ない便秘薬として定評があります。

今回は、そんなアローゼンの成分や効能、副作用などについて解説していきます。

アローゼン

アローゼンの成分

アローゼンの一般名称は「センナ・センナジツ」となっており、「センナ」はセンナの植物の葉の部分、「センナジツ」はセンナの実の部分を指しています。

この名前からもわかるように、アローゼンはほぼ全てセンナの植物でできているのです。


アローゼンの効能

アローゼンは、「大腸刺激性下剤」と呼ばれる便秘薬の種類に分類されます。それは、アローゼンが腸に刺激を与えて腸の蠕動運動を促進することで、お通じを促す作用があるからです。

なので、腸の正常な働きが低下していることによって引き起こされる「弛緩性便秘」に特に効果があります。

前述の通り、アローゼンはセンナと呼ばれる生薬によってできており、センナの葉と実の両方を含んでいます。

センナの葉のほうが腸への刺激を与える作用が強く、センナの実は比較的穏やかな作用となっています。

体内に取り入れられたアローゼンは、大腸に到達すると腸内の最近に分解され、レインアンスロンと呼ばれる物質が生成されます。

このレインアンスロンが腸の蠕動運動を促進してくれます。腸の働きが刺激されることによって排便が促され、便秘が解消されるのです。

また、アローゼンにはアロエエモジンやレインと呼ばれる成分も配合されており、瀉下作用があるといわれています。

スポンサードリンク

アローゼンの用法・用量

アローゼンは顆粒タイプの便秘薬となっており、成人の場合は1日に1回(または2回)、0.5~1.0グラムほどを服用します。

また、症状や年齢によって適切な容量が変わってくるため、医師に相談するなどして適宜調節することが大切です。

また、2回分の量を一度に服用することは厳禁です。必ず1回分の分量を守りましょう。


アローゼンの効果の持続時間

アローゼンは、1回服用するとおよそ8~12時間後に作用が働き始めるといわれています。個人差はありますが、この時間を目安にして服用するタイミングを決めると良いでしょう。

一般的には就寝前に服用して、翌朝の快調な排便を促すことが良いといわれていますが、必ずしも就寝前に服用しなければならないわけではありません。

また、できるだけ食後に服用することをおすすめします。作用が働き始めるのが12時間後の場合、夕食後に服用すれば翌朝の排便を期待することができます。

また効き始めるのが7時間後であれば、朝食後に服用して昼過ぎ排便を狙うことができます。自分の体調やアローゼンの作用時間を考慮しながら、ベストなタイミングを模索しましょう。


アローゼンの副作用

先ほども述べましたように、アローゼンはセンナという天然成分が主成分となっているため、副作用はほとんどありません。

しかしながら、稀に腹痛や吐き気などの症状が現れることがあるので、注意が必要です。

また、アローゼンは大腸の働きを刺激することで確実に排便を促すので、非常に高い便秘解消効果と即効性を期待することができますが、その反面腸がその刺激に慣れてきてしまうという、「常習性」というデメリットがあります。

長期間にわたってアローゼンを服用し続けると、腸がその刺激作用に慣れてきてしまい、便秘解消効果が低下してきてしまいます。


妊娠中のアローゼンの服用

妊娠中に便秘に悩むケースも多く、そのような場合にアローゼンを処方する産婦人科医の方もたくさんいます。

確かにアローゼンは天然成分でできており、副作用も少ない身体に優しい便秘薬ですが、妊娠中に使用する際には特に注意が必要です。

アローゼンは身体に優しいものの、即効性があるほど強力な下剤の部類に属しています。

また、妊婦さんに対するアローゼンの処方に関しては、「原則としては妊娠中に服用してはいけない」との認識が示されています。

そして、「アローゼンの効果の優位性がその副作用のリスクを上回る場合は、医師の指導のもと服用が特別に許可される」ともいわれています。

つまり、基本的にはアローゼンは妊娠中に服用してはいけない便秘薬なのです。

というのも、アローゼンの主成分であるセンナには、子宮収縮や流産を引き起こすリスクがあるからです。

妊娠中の服用に対する安全性が確立されていない以上、できるだけアローゼンの服用は避けたほうが良いといえるでしょう。

また、授乳中も同様、赤ちゃんへの悪影響がゼロとは言えないため、できれば服用は控えましょう。

慢性的な便秘に悩まされて妊娠中でもどうしても解消したいという場合は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

便秘薬だけに頼らず、オリゴ糖などの善玉菌を増やす食品を摂るのも良い判断です。

オリゴ糖は便秘に良いですよ!結果を出すための食べ方


まとめ

アローゼンは用法・用量さえ守れば、リーズナブルな価格で即効性もあり、かつ身体に優しいという非常に優れた便秘薬です。

体調を見ながら、また妊娠中の場合は医師に相談しながら服用すると良いでしょう。

しかし、薬であることには変わりありませんので、オリゴ糖などの食品で体内環境を普段から整えておくことも大切ですよ。

スポンサードリンク