「酸化マグネシウム」は、市販の多くの便秘薬に使用されている、便秘解消に効果的といわれている成分です。

この酸化マグネシウムが配合されている便秘薬は一般的に「マグネシウム系便秘薬」と呼ばれています。

今回は、この酸化マグネシウムの詳しい効能や代表的なマグネシウム系便秘薬などをご紹介していきたいと思います。

酸化マグネシウム

酸化マグネシウムの便秘解消効果

酸化マグネシウムが便秘解消に効果的といわれている理由は、「緩下作用」と「制酸作用」という2つの作用があるからです。


緩下作用

緩下作用とは、腸の蠕動運動を促進して排便を促す作用のことです。

酸化マグネシウムは体内に取り入れられて腸に到達すると、塩化マグネシウムと呼ばれる成分に変わり、さらに炭酸マグネシウムという重炭酸塩に変わります。

このため、酸化マグネシウム系便秘薬は「塩類下剤」とも呼ばれています。

酸化マグネシウムが重炭酸塩になると、腸内の浸透圧が向上し、体内の水分が腸へと送られる働きが強くなります。

腸内の水分が増えることによって、腸内にある便の水分量も増え、硬便を防ぐことができます。

また、便が柔らかくなり膨張することによって腸の蠕動運動を刺激し、排便を促進してくれます。


制酸作用

もう一つの「制酸作用」は、胃の中の胃酸を中和する作用のことを指します。

胃酸は塩酸でできており、胃の粘膜が疲弊してしまっていると、胃酸で炎症を起こしたり、消化機能が低下してしまい、結果として下痢や便秘、または胃潰瘍を引き起こす恐れがあります。

酸化マグネシウムには胃酸を中和することで、弱っている胃への胃酸による刺激を穏やかにする効果があります。

このように、酸化マグネシウムは便秘、特に硬便による便秘や消化機能の低下による便秘に効果があります。


酸化マグネシウムが配合された代表的な便秘薬

酸化マグネシウムが配合された、代表的な塩類下剤と呼ばれる市販の便秘薬をご紹介します。


スラーリア

水の力を利用して排便を促す、即効性の高い便秘薬です。

水と一緒に服用することで錠剤が素早く腸内で溶け出し、ミネラルと水の作用で排便を促します。


ミルマグ

有効成分である水酸化マグネシウムが、腸の水分吸収を促進し、便の水分量を増やすことで硬便を防いでくれます。

ストレスや自律神経の乱れなどによるストレス性の便秘に特に効果的です。


3Aマグネシア

主成分である活性マグネシウムは保水力が高く、腸内と便中の水分を増やしてくれる作用が非常に高いです。

腹痛などの副作用も起こりにくく、摂取量も調節できます。


酸化マグネシウムの副作用

マグネシウムはミネラルの一種であり、生命維持には欠かせない成分なので、マグネシウム系の便秘薬は副作用が少ないといわれています。

しかしながら、腹痛や吐き気、下痢などの副作用は報告されています。

また、マグネシウムを大量に摂取すると心臓に大きな負担がかかるため、心臓や腎臓の疾患がある場合は、高マグネシウム血症になる恐れがあります。

服用を考えている場合は、必ずかかりつけの医師に相談しましょう。

とくに高齢者の服用は、長期間の高マグネシウム血症による死亡も報告されていますので、心配な方は副作用のない、便秘用の健康食品を試してみるのも良いと思います。

さらに、マグネシウムはカルシウムと一緒に摂取すると、ミルク・アルカリ症候群になる危険性が指摘されています。

マグネシウム系の便秘薬を摂取する際には、1日1リットル以上の牛乳は摂取しないようにしましょう。


マグネシウムを多く含む食品

便秘薬の他にも、マグネシウムを豊富に含む食品を摂取することで便秘解消効果をさらに高めることができます。

以下にマグネシウムを多く含む代表的な食品をご紹介します。

  • 海藻類:わかめ、ひじきなど
  • 豆類:大豆、納豆、きな粉など
  • 野菜:オクラ、枝豆、しそなど
  • 魚介類:するめ、あさり、干しエビなど
  • その他:ごま、アーモンドなど

まとめ

酸化マグネシウムは、用法・用量を守って、様子を見ながら摂取すれば、非常に高い便秘解消効果を期待できる成分です。

便秘になってしまった際には、ぜひ試してみてください!

スポンサードリンク