妊婦さん
妊娠中や授乳中に飲めるサプリメントは数が限られてきます。

妊娠中や授乳中に起こりやすい腸トラブルを防止するために、乳酸菌革命は使えると言われています。

乳酸菌革命はがお得に買えるページはこちら。



乳酸菌革命は妊娠中や授乳中でも大丈夫!その理由


乳酸菌革命は、妊娠中や授乳中でも安心して飲めるサプリメントです。

乳酸菌には副作用がないからです。

乳酸菌革命には化学性の添加物も使用されていないため、公式サイトにも「添加物不使用だからお子様や妊婦さんにも安心してお飲みいただけます」と記載してあります。

妊娠中に飲めないサプリメントは、

  1. おなかの赤ちゃんに催奇形性などの危険があるもの。
  2. 過剰症が心配されるもの。

に大きく分けられるようです。

ビタミンAなどの脂溶性ビタミンは尿から排泄されることがないため、過剰症を引き起こしておなかの赤ちゃんに及ぼす催奇形性が心配されることから、推奨されません。

乳酸菌には催奇形性も、過剰症もありません。

妊娠中に起きやすい腸のトラブルにそなえる意味でも、毎日乳酸菌を摂ることはおすすめです。

乳酸菌革命はがお得に買えるページはこちら。



妊娠中に起きる腸トラブル


妊娠中には、普段便秘って何のこと?という方でも便秘に悩まされることが知られています。

その原因は主に3つあります。

黄体ホルモンが便秘を促進


妊娠すると、黄体ホルモンというホルモンが活発に分泌されます。

黄体ホルモンは妊娠を維持するために必要なホルモンです。

黄体ホルモンが活発に分泌されると、腸が動きにくくなります。

腸は副交感神経が活発に活動しているときによく動きます。

副交感神経とはリラックスしているときに活発に動く神経です。

黄体ホルモンは、副交感神経の働きを抑え、交感神経(活動的になるときに働く神経)を活発に活動させる働きがあります。

また、黄体ホルモンは体の中に水分をためておこうとするホルモンです。

のどが渇くと感じることによって水を摂取するのはもちろんですが、腸の中にある食べ物のかすから水分を吸収してしまう働きがあります。

大腸でみられる現象です。

大腸で水分を奪われてしまった便は固く、詰まりやすくなり、出にくくなります。

妊娠中はいきむとおなかに負担がかかりやすいと感じておなかに力を入れなくなる人も出てくるので、より一層便秘になりやすくなってしまうのです。

子宮が腸を圧迫して便秘を促進


赤ちゃんが大きくなると、子宮もそれにつれて大きくなります。

物理的に子宮が腸を圧迫することによって腸の血流が悪くなります。

腸の血流が悪くなると腸を動かそうという働きが弱くなりますので、便秘になりやすくなります。

腸だけでなく、肛門も赤ちゃんの重さによって常に圧迫されるようになりますので、痔にもなりやすくなり、余計に排便の時に力を入れづらくなって便秘が悪化する方も多いようです。

ストレスによる便秘


体が思うように動かせなくなるのと、黄体ホルモンの働きで精神的に不安定になることがあります。

ストレスを感じると副交感神経が働きにくくなるため、腸の動きが悪くなってしまいます。

あまり物事を考えすぎず、気楽な妊娠生活を送ることが大事になってきます。

授乳中も腸トラブル?


母乳を上げることは、思っている以上に水分を体から奪われていることになります。

黄体ホルモンの働きは弱くなりますが、足りない水分を補うために大腸から水分を吸収していく働きは変わりません。

授乳中の方は、乳酸菌などで腸の健康に気を配ると同時に、水分も普段より多めにとるようにしてください。

赤ちゃんのお世話のため、行きたいときにトイレに行けなくなったりするのも便秘の原因の一つのようです。

時間がかからず、するっとトイレから出てこられるような健康な腸を作っておくことがこのような便秘を防ぎます。

乳酸菌で妊娠の腸トラブルを打開する


普段腸のトラブルを感じない方でも、妊娠中はこれだけの「便秘になりやすい要因」を抱えてしまうことになります。

腸を良い状態に保っておくためには、乳酸菌と食物繊維の力を借りるのがおすすめです。

おなかの赤ちゃんに悪影響があるのでは…と思うと、化学的な化合物や添加物はできるだけ取りたくないところです。

乳酸菌革命は化学性の添加物を使用していないので、おなかの赤ちゃんの健康を守りたいと考えている妊婦の方にもぴったりですね。

もちろん、授乳中の方にも安心して続けられると思います。

化合物を使っていない安全性の高いサプリメントで、妊娠中も腸を健康に保つよう頑張ってください!

乳酸菌革命はがお得に買えるページはこちら。