乳酸菌革命は便秘や下痢に効果があるか?
乳酸菌革命は16種類の乳酸菌を、ヨーグルトにして毎日10個分食べるのと同じ量、体の中に取り入れられるサプリメントです。

そして、『乳酸菌革命は便秘や下痢に効果がある】と口コミや体験談があります。

便秘は「詰まり」、下痢は「流れる」という印象がありますので、便秘と下痢は違うもののように思われがちです。

ですが、下痢も便秘も悪玉菌によって起こる現象です。

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいます。善玉菌と悪玉菌はお互いにゼロになることはなく、バランスをとって腸の中で共存しています。

乳酸菌革命で、スッキリ!効果や体験談を読むならコチラ。

乳酸菌革命で善玉菌が増えます


1日10億個の乳酸菌を摂り続けることになりますので、毎日新鮮な乳酸菌が腸の調子を整えてくれます。

腸内環境は人によって違います。

その人にとって乳酸菌も向き不向きがあり、一つの乳酸菌を取り入れる種類のサプリメントで「劇的に効いた」という人と、「全然効果がなかった」という人に分かれるのは、このためです。

乳酸菌は、毎日摂取しても毎日排泄されてしまいます。

生きたままの場合もあり、死んだ状態で排泄されてしまうこともあるのですが、お通じと一緒に毎日排泄されてしまうので、継続的な摂取が必要です。

取り入れた乳酸菌は、体の中に定着することはあるのか?という調査によると、これは大変特定が難しいようです。

もともとその人の体の中にいる乳酸菌の数を増やすことはできるようですが、外から取り入れた乳酸菌が根付くことはまだ証明されていません。

根付かないかもしれないですが、それでも毎日腸の中で乳酸を生み出してくれる生きた乳酸菌を取り入れることは、腸の状態を弱酸性にするのにとても役立ちます。

乳酸が増えると、もともといる善玉菌も増えやすくなります。

悪玉菌の数よりも善玉菌の数が多くなれば、日和見菌が一斉に善玉菌に傾き、健康な腸になれるのです。

生きて届かないと意味はないの?


そんなことはありませんが、生きて届いた方が便秘や下痢には効果がありそうです。

大きく分けて、免疫力を上げるには死んだ乳酸菌も効果があり、腸の調子を整えるには生きた乳酸菌のほうが効果があるといわれています。

死んだ乳酸菌に乳酸を生み出す力はないのですが、免疫細胞のサポートをしたり、腸内にもともといる善玉菌のえさになるという大事な働きがあります。

乳酸菌は生きて腸までたどり着くことが難しい菌です。強すぎる酸に弱いため、胃酸や胆汁などで死んでしまうからです。

生きて腸まで届くことが知られている乳酸菌は、有胞子乳酸菌と植物性乳酸菌です。

植物性乳酸菌はもともと生きている場所の環境が過酷なので酸や温度変化に強く、腸まで生きてたどり着きます。

有胞子乳酸菌は、胞子(種のような形状)になっている乳酸菌です。

殻のようなものに包まれていますが、この殻は大変酸や温度変化に強く、生きたまま乳酸菌を腸まで運び、そこで発芽します。

乳酸菌革命は、これらの乳酸菌を効率よく生きた状態で腸に届けるために、カプセルに耐酸性のものを使用しています。

カプセルにも守られ、もちろん植物性乳酸菌や有胞子乳酸菌を含んだ16種類の菌を腸まで運ぶことができるのです。

乳酸菌に腸の調子を整えてもらい、胃腸の消化吸収能力を正常にすることによって便秘や下痢知らずの健康な体を手に入れましょう!

乳酸菌革命で、スッキリ!効果や体験談を読むならコチラ。

便秘と下痢を繰り返す腸ってどうなっているの?


悪玉菌が多く、善玉菌が非常に少ない腸になっていることがわかります。

腸の働きが悪くなっているので、その上にある胃の働きも悪くなっています。

胃は消化器官、腸は吸収のための器官です。

消化吸収がうまくいかないので、水分や栄養分の摂取がうまくできず、排泄も上手にコントロールできなくなります。

腸内は悪玉菌が多いため、悪玉菌が生み出す有害な物質やガスが溜まっています。

有害な物質は腸管から吸収され、血流にのって体中を回ってしまうので、いつもだるくてすっきりしない気分を味わっているかもしれません。

便秘になったかと思えば下痢になる。そんな体の調子を整えるのに欠かせないのは腸内環境を整えることです。それには乳酸菌の摂取が欠かせません。

善玉菌と悪玉菌以外にも「日和見菌」という菌もいます。

日和見菌とは、善玉菌のほうが悪玉菌よりも数が多くなれば善玉菌のように働き、悪玉菌のほうが善玉菌よりも増えれば悪玉菌のように働くという菌です。

このため、腸の中は常に「どちらかがとても多く、どちらかが少ない」という状態になっています。

善玉菌が多いと腸は酸性に傾き、悪玉菌が多いとアルカリ性に傾きます。

腸は、弱酸性の状態が一番蠕動運動がよくできるようになります。

アルカリ性になると蠕動運動を鈍らせるということも知られています。

蠕動運動とは、腸が老廃物を肛門のほうに送り出す働きのことです。

蠕動運動が鈍ることによって腸の老廃物がたまってしまい、便秘の状態を引き起こします。

蠕動運動が鈍ると胃腸の消化吸収が不十分な状態になります。これが下痢の原因です。

便秘と下痢、まったく現象は違いますが、どちらも腸内の「善玉菌不足」で起こるという点に関しては一緒です。

乳酸菌革命で、不足しがちな乳酸菌を補う!効果や体験談を読むならコチラ。