oribu1

オリーブオイルが便秘に効く仕組み


オリーブオイルを常用している地中海地方(イタリア)などでは、便秘が少ないことで有名です。

その秘密は、オリーブオイルにあると言われています。

オリーブオイルが便秘に効果があるのは、オレイン酸が含まれているから。オレイン酸は不飽和脂肪酸と呼ばれ、酸化しにくいと言われています。

このオレイン酸は、小腸で吸収されずに大腸まで届き、便をやわらかくしてすべりをよくしてくれるので、便秘解消に役立ちます。

地中海地方では、子どもの便秘にスプーン1杯のオリーブオイルと言われているくらい、利用されています。


便秘以外のオリーブオイルの効果


オリーブオイルは、便秘以外にも健康に良い影響を与えます。

血管中の善玉コレステロールを下げずに、悪玉コレステロールだけを低下させ、サラサラの血液にし、血糖値を下げるインスリンの働きを助けます。

その結果、高血圧や動脈硬化、心臓病の予防になります。さらに、オリーブオイルには、ポリフェノールやビタミンEなど、体の活性酸素を除去する抗酸化成分が含まれているので、体のサビつきを予防して老化予防にもなります。

また、食用以外にも、日焼け止めや化粧落としクレンジング代わりにオリーブオイルを使ったり、肌の保湿として使用したり、アロマのマッサージオイルとして使うこともあります。毛穴の汚れを落としたり、肌にうるおいを与える効果があるそうです。


オリーブオイルの選び方


生でも飲めるオリーブオイルですので、美味しくて色々使えるものを選びたいもの。

そこで、オリーブの実だけを原料として作られたバージンオリーブオイルがおすめです。

その中でも、一切科学的処理が行われていない、エキストラバージンオリーブオイルが口に合いやすくて良いでしょう。

オリーブでできたサプリメント「オリーブジュースカプセル」


オリーブオイルの使い方


オリーブオイルは生で飲むこともできますし、調理油のように野菜炒めなどの料理に普段使う油として使うことができます。そしてそのほうが、自然とオリーブオイルを摂取できるでしょう。

私の家でも、野菜炒めや魚の料理、肉の料理に普通にオリーブオイルを使っています。

生で摂取するのをこだわる人もいますが、オリーブオイルは油っぽく、人それぞれ好みが分かれる味です。

そのまま使うことにこだわらず、調理に利用したり、ほんの少しだけ汁物に混ぜたりして、毎日少しづつ使うことで体の調子を良くしてくれます。

サラダにかけたり、パンにそのままつけたり、トーストしたりというのも美味しいのでおすすめですよ。


オリーブの実をそのまま食べてもOK


オイルが苦手で使えないという人は、オリーブの実を直接食べてもOKです。

オリーブのはちみつ漬けや、塩漬けなどで瓶詰めされたものが、海外の商品が売っているお店などでよく置いてあります。

イタリアの人たちは、普段からオリーブの実もよく食べているもの。

そのまま食べても美味しいし、料理のアクセントとしてもいけます。

だいぶ前に、DHCでもオリーブの実のハチミツ漬けが売っていたのですが、毎日ハチミツをなめるだけでも便がするっと出てましたし、オリーブの実もおいしくてとても好きでした。

値段は高かったのですが、また復活してほしい商品だなぁと思います。


オレイン酸を含むその他の食材


オリーブオイルは、オレイン酸を多く含んだ油として健康に良いと言われていますが、それ以外の食品にオレイン酸を多く含んだものはあるのか調べてみたところ、以下のものが出てきました。


キャノーラ油、椿油、サンフラワー油、なたね油、こめ油、ひまわり油、ベニバナ油、マカデミアナッツ、枝豆、アーモンド、ピーナッツ、アボガド、チョコレート


色々あげてみましたが、この中でオリーブオイルよりオレイン酸が多いのはあるのかと見てみたらありました!ひまわり油(高オレイン酸)です。

ひまわりオイルは、高オレイン酸以外のものもあるそうです。

ひまわりオイルは、ビタミンEもオリーブオイルの5倍となっており、オリーブオイルよりいいんじゃね?と疑問に思うのですが、ひまわりオイルにはリノール酸が高く含まれています。

リノール酸は、過剰摂取すると動脈硬化のおそれがあるそうです。

オリーブオイルもひまわりオイルも、どちらもカロリーは高いので、便秘や健康にいいからといって摂取しすぎるのは肥満になる恐れがあるので、ほどほどに食べるようにしましょう。


オリーブオイルでダイエット


便秘が解消されれば、体重も減り体がスリムになる。つまりダイエット効果?!というわけなのでしょうか、オリーブオイルダイエットというものがあるそうです。

調べたところ、2種類あるみたいです。

1.地中海式ダイエット


イタリアやギリシャなどの地中海の料理を取り入れたダイエット。肉よりは魚、ワインや穀物、野菜、フルーツなど抗酸化作用のある食材と、チーズを少量、オリーブオイルなどを摂取する。日常的に体を動かすようにする。

健康にも良いと言われており、心臓病などの疾患やアルツハイマー病の予防にもなるそうです。


2.オリーブオイルを1日大さじ1.5杯~3.5杯飲む


食事と食事の間の時間に、1日3回大さじ約1杯のオリーブオイルを摂取することで、食欲を減らすダイエット。なぜ、オリーブオイルを飲むと食欲と体重が減るのかは分かりませんが、便秘が解消されるからという理由もあるかもしれません。

このダイエットで使うオリーブオイルは、エクストラバージンではなく、精製オリーブオイルかピュアオリーブオイルが適しているそうです。

スポンサードリンク