オリゴのおかげダブルサポートは、腸内フローラの善玉菌である「ビフィズス菌」を増やす働きがあります。

悪玉菌を減らし、腸内環境をととのえるので、便秘や下痢の改善に役立つのです。

とりあえず公式サイトを確認したい方はこちら。

⇒ オリゴのおかげ「ダブルサポート」の公式サイトを見てみる

オリゴのおかげ

90%の方が、1週間以内に効果を実感。
93%の方が、継続して続けたいと回答しています。




オリゴのおかげグラフ

『オリゴのおかげダブルサポート』モニター体験談☆レビュー

オリゴのおかげを購入するきっかけになったのが、学生時代から、20年以上良くならない便秘。

そのままにしておくと余計にひどくなって、1週間でないのが普通に。腹痛と吐き気がするぐらいにまでになってしまいます…。(下剤は恐くて、一度も飲んだことがありません。><)

便秘と下痢を繰り返していることも多いので、今回は「オリゴのおかげダブルサポート」を試してみることにしました。


「オリゴのおかげ」モニター体験者のプロフィール


事務女性

32歳:女性:事務職

小さいころは時々便秘で熱を出して、病院で浣腸してもらうという過去を持つ。

大人になってからも、運動や食事などでは便秘は良くならなかった。アロエやサプリメントなど、健康食品で良くなることもあり、変化のないこともあり。逆に悪化することもあった。

以前に別メーカーのオリゴ糖を試したことあるが、しばらく飲んでいたら効き目が落ちてきたので、今回新しく「オリゴのおかげ」を試してみることにした。




まずは、インターネットで注文。

オリゴのおかげダブルサポートは、ドラッグストアや店舗に販売しておらず、ネットでしか購入することができません。

2日後くらいに、平たい段ボール箱に入ってきました。


オリゴのおかげ箱

30本入っていてこれで1ヶ月分です。

オリゴのおかげ開けたところ

けっこうチラシも入ってます。オリゴのおかげを飲んだ体験談がいろいろ書かれているチラシがいちばん参考になりました。

オリゴのおかげ

快腸カレンダーという毎日(30日分)のすっきり具合を記入していく表も入ってました。飲み忘れ防止に良さそうなので、今日から記入していきたいと思います。

オリゴのおかげカレンダー


これ1本が1日分の量です。
オリゴのおかげ

お皿に出してみました。ちょっとなめてみたら、かすかな甘い味がします。砂糖の3分の1くらいの甘さ。

お皿に出したオリゴのおかげ

「オリゴのおかげ」は砂糖代わりとして、食べ物や飲み物に入れて食べることができます。

熱いのでも冷たいのに溶かしても、効果は変わりません。

コーヒーに入れて飲む方や、ヨーグルトに入れて食べる方が多いみたいです。

私はカフェオレに入れてみました。溶けやすく、味はよく分からなかったですが、いつもよりちょこっとだけ甘みが増したような感じがしました。


はじめて飲んでみた体感

付属のパンフレットには、飲みはじめて1週間くらいから腸内の善玉菌が増えて効果が分かるようになる、とあったので、さすがに飲んですぐの効果は期待してませんでしたが。

初回1本をカフェオレに溶かして飲んでみたら、4時間後にトイレで普通のバナナ状のが出たのでちょっとびっくりしました。


オリゴのおかげとカフェオレ

オリゴのおかげ

効果出るの早くない?!という気持ち。ここ数日、コロコロ便少しが続いていたので、かなりスッキリしました^^


コンビニの飲むヨーグルトに入れてみた

ヨーグルト(乳酸菌=善玉菌)とオリゴ糖を一緒に食べることで、腸内の善玉菌をより多く増やせます。

たまに飲んでいる、ローソンのヨーグルト飲料に入れてみました。

ヨーグルト
トロミがあって冷たい飲み物だけど、よく混ぜるとわりと溶けました。

オリゴのおかげとヨーグルト


オリゴのおかげとヨーグルト2

入れる前と後の味の違いは、あまりよく分かりませんでしたが、飲み終わったあと3時間後くらいに、便意が出てトイレに行ったら中くらいのものが出てスッキリしたので、なかなか良さげです^^


1ヵ月間飲んでみて、感想まとめ


すっきりしている女性


感想を一言でまとめると、

「便がするっと出て、トイレに時間がかからなくなった」

ということです。

私は便秘と下痢の繰り返しで、コロコロ便か、ドロドロ便ばっかり体験していたので、トイレの時間も1回につき短くても5分、長くて30分もかかっていました…。

長いときは、1日合計1時間以上も排便に時間をかけていたのです。下痢のときは、トイレットペーパーを使う量もハンパなく(汗)

肛門が痛くなったりするのもツラかったです。痔はなんとか免れていますが。

それが、毎日するっとバナナ状のものが出るようになると、すっきりするだけではなく、トイレにこもる時間が短くなったので、他のことに時間を使える余裕が出てきたんです。

前よりも、生活全般に対してポジティブになった感じがします。

体調も良くなったので、仕事に対しても集中できるようになりました。

睡眠も以前よりも深く取れるようになったせいか、ダラダラと二度寝することなく、朝もすっきり目覚めが良いときが多くなった気がします^^

大げさに聞こえるかもしれませんが、腸内環境って、かなり人生にたいして影響を与えるんだなって…。

「オリゴのおかげ」を飲むことを決めた過去の自分に良い判断をした!と褒めてあげたいと思いました。

⇒ 自然なお通じで毎日爽快!ネット限定「オリゴのおかげ」公式サイトはこちら

通販「オリゴのおかげ」に入っていたチラシの口コミを一部紹介します。

オリゴのおかげ開けたところ

「オリゴのおかげ」を購入すると、一緒に箱に入っていた生の口コミが書かれているチラシ。

本当は、実際に買わないと読めないのだけれど、このサイトではそのまま一部を紹介しちゃいます!


感動!自力でうんちが出ました。

ものすごい便秘なので最初は期待していなかったのですが、飲み始めて3日目から徐々に自力でうんちが出るようになりました。

薬に頼ることなく出せること自体ものすごく久しぶりだったので、本当に感動!

オリゴ糖ってすごいんですね。

これからも使い続けたいし、便秘で困っている皆さんにおすすめしたいです。

広島県:37歳:女性


ダイエット中でも我慢いらず。

ダイエット中はお砂糖や甘いものも控えて、コーヒーやヨーグルトを無糖で我慢して食べていた甘党の私。

でも「オリゴのおかげ ダブルサポート」は身体に良いので、堂々とコーヒーやヨーグルトに入れて美味しく食べることができます。

ダイエットしながら、おなかの調子を良くするなんて、まさにオリゴのおかげです!

もともと便通は良かったのですが、量が増えたことにびっくりしました。

大阪府:39歳:女性


自然素材だから、子どもにも安心です。

普段から子どもへ与えるものは成分や効果、産地などを気にしています。

便秘の娘に食物繊維が豊富な物を食べさせていましたが、毎日摂取するのは難しく、便秘薬やサプリメントを与えるのは不安でした。

「オリゴのおかげ ダブルサポート」は、原料が天然由来の乳糖やショ糖なので安心ですし、飲み始めてからは毎日お通じがあります!

東京都:34歳:女性


さすがトクホ!1日目からスッキリ爽快。

他社のオリゴ糖は使ったことがありましたが、なかなかおなかの調子が良くならず、やめてしまったことがありました。

今回はトクホということもあり、とても期待していました。

1日目、コーヒーに入れて飲んだ後すぐにお通じがありびっくり。

その後、毎日使用し、毎日快調です。

静岡県:27歳:女性


※体験談にある効果は個人差があります。すべての人に効果効能を保障するものではありません。

もっと読みたいという方は、こちらの公式サイトにも書かれています。

⇒ 「オリゴのおかげ」ネット公式サイト

さらに「オリゴのおかげ」の良い点と悪い点についても、下記にまとめてみました。


「オリゴのおかげ」の良いと思う点


オリゴのおかげの良い点

他のオリゴ糖より、腸内のビフィズス菌を増やしてくれる。
「オリゴのおかげ」が使用しているオリゴ糖は、「乳糖果糖オリゴ糖」というシンプルなオリゴ糖。酵素と酵母を作用させています。

「乳糖果糖オリゴ糖」は、他の種類のオリゴ糖よりもビフィズス菌が好んで食べるエサとなります。

日本人の腸内フローラの善玉菌は、ビフィズス菌が一番多いと言われているので、便秘対策として、より効果が期待できます。


特定保健機能食品(トクホ)の許可を得ている。
すっきり女性

「オリゴのおかげ」は、化学的な実証データをもとに国の許可を得た、特定保健機能食品(トクホ)のオリゴ糖です。

便秘や下痢の対策といった腸内環境をととのえるだけではなく、

  • インフルエンザや風邪予防、軽減(特許取得)
  • ビタミンB群の生成をサポート(美肌、髪の健康)
  • カルシウム吸収を促進(トクホ認定)

の効果が国から認められています。


徹底した品質管理と実績
自社製造をしているので、品質管理に徹底したオリゴ糖となっています。

「オリゴのおかげ」を製造販売しているパールエースブランド(株式会社おかげさま)は、

創業50年の実績を持ち、全国の食品売り場で砂糖の販売を展開している会社です。

商品についてのお客様相談室も設置しており、安心して食べれる食品を常に心がけています。


松生恒夫先生も、腸内環境を整えるアイテムとして、「オリゴのおかげ」を推薦しています。

松生恒夫(まついけつねお)先生といえば、便秘関連の本を多数出されている松生クリニックの院長先生。

日本消化器学会認定専門医や日本大腸肛門病学会専門医などでもあります。

  • 「排便力」をつけて便秘を治す本―専門医が教える「便意リハビリ」
  • 腸はぜったい冷やすな!

などの本を出しており、「オリゴのおかげ」を特集などで紹介されています。


「オリゴのおかげ」の悪いと思う点


  • 食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがある。

便秘や下痢によいオリゴ糖ですが、食べ過ぎるとお腹がゆるくなって、お通じが良すぎてしまいます。

効果がありすぎて困る場合は、量を調整してみましょう。


オリゴのおかげは赤ちゃんから食べれる。

赤ちゃん

オリゴのおかげは、腸の働きがまだ未熟な赤ちゃんでも安心して摂取することができます。

生後1ヶ月の赤ちゃんの便秘から摂取しても大丈夫です。

赤ちゃんの場合は、1本まるごと使わずに、小さじの半分程度の量を目安に、様子を見ながらあげてください。

離乳食前の赤ちゃんなら母乳や粉ミルクに混ぜたり、白湯に溶かしてあげたり。(砂糖水の代わりに良いでしょう)

離乳食がはじまった赤ちゃんなら、離乳食の味付けに使ったり、ヨーグルトや果汁に混ぜたりして、赤ちゃんが取りやすい形で摂取させることができます。


子どもの便秘や下痢に。腸内環境をととのえるために。

子どもたち

子どもにサプリメントをあげたくない、という場合でも、オリゴのおかげなら大丈夫。

特定健康保険食品(トクホ)なので、1歳・2歳・3歳のような小さなお子様でも、安心して食べられる食品になっています。

ヨーグルトが苦手というお子さんでも、オリゴ糖だと普段の食事やおやつ、飲み物に混ぜることができるので、毎日簡単に続けることができます。

虫歯のもととなるミュータンス菌(いわゆる虫歯菌)の繁殖を抑える効果もあるので、虫歯予防にもなります。(もちろん、歯みがきなど基本的なことは必要です)

カルシウムの吸収を助ける効果もあるので、これからぐんぐん伸びていく成長期のお子さんにピッタリな食品ですね。

牛乳由来の乳糖を使用していますが、アレルゲンである乳清たんぱく質(カゼインなど)は含まれていないので、牛乳アレルギーがあるお子さんでも安心して食べることができます。


妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。

妊婦さん

オリゴのおかげは、国の厳しい特定保健用食品の基準をクリアしたオリゴ糖です。

薬でも下剤でもありませんので、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期・授乳中でも、他の薬と併用してもだいじょうぶ。

授乳中に飲んでも、おっぱいを飲む赤ちゃんに、悪い影響を与えることもありません。それどころか、赤ちゃんの便秘対策としてもオリゴ糖は良いと言われています。

産婦人科のお医者さんも、おススメしてるくらいの食品なんですよ。

それは、腸内の善玉菌を自然に増やしてくれるからでしょう。

牛乳アレルギーの原因となっている、乳たんぱく質も入ってないです。

ママや赤ちゃんのオリゴのおかげの感想はコチラでも読めます。


オリゴのおかげで高齢者の便秘対策もできる

高齢者


高齢者の介護やお世話で、便秘に悩まされるケースは多くあります。

赤ちゃんのころ、腸内はビフィズス菌99~100%でで満たされていることが多く、便も黄色っぽく、匂いもそこまできつくはないもの。

しかし高齢になると男女関係なく、腸内のビフィズス菌(善玉菌)が減り、悪玉菌のほうが増えてしまいます。

介護施設では、下剤や浣腸を組み合わせて対応するのが大半ですが、下剤が効きすぎて下痢便が多くなり、介護が大変になることも多いです。

高齢者自身も、便秘と下痢の繰り返しが続くのは苦しいはず。

なので、腸内環境を少しでも良くするために、普段からオリゴ糖を摂取するのはおススメです。

腸内の善玉菌が少ないので、ヨーグルトや味噌汁といった発酵食品に混ぜてから、いただいてもらうのがベスト。すぐに効果が出なくても、1ヶ月続けてみてください。

下痢にもオリゴ糖は効果があるので、下剤を飲みながらでもいただくことができます。

飲み込みが悪く(嚥下難)、むせてしまう高齢者でも、オリゴのおかげだと、トロミがついた食品に簡単に混ぜることができるので便利です。

インフルエンザや風邪の予防にもなるので、便秘でなくとも、高齢者の体調管理として摂取してもらうのも良いですね。


オリゴのおかげは本当に安全なのか?どんな成分でできている?

健康に気を使っているアナタなら、「オリゴのおかげ」は果たして毎日摂取して安全なのか?

原材料に悪いものが入ってないだろうか?国産だろうか?と、色々と気になることだと思います。

その疑問について、答えるとしましょう。

「オリゴのおかげ」は、毎日摂っても安全な食品です。

毎日摂ることで、腸内の善玉菌の数を増やし腸内環境を整えてくれます。

ただ、人によっては摂りすぎると、おなかがゆるくなることがあります。その場合は、量を調節しましょう。

摂るのをやめると、再び便秘になってしまうことがあります。それは、普段の食生活や生活習慣が、善玉菌よりも悪玉菌が増えるようなことをしているからでしょう。

毎日摂ったとしても、便秘薬のような副作用はありませんので、安心して食べても大丈夫です。

製造加工は日本(大阪)の工場で行っています。

原料(成分)は、「牛乳に含まれる乳糖」と「天然のサトウキビに含まれるショ糖」となっています。

無着色、無香料で自然由来の安心素材なので、赤ちゃんからお年寄り、妊婦さんまで幅広く愛用しています。



購入、値段に関しての疑問や答え


オリゴのおかげは市販でも買える。しかし、おすすめは公式サイトでの通販購入。

オリゴのおかげが売っている店舗として、スーパーの食品売り場、薬局、ドラッグストア(マツモトキヨシなど)があります。

一番多いのはシロップタイプ。顆粒スティックタイプは、あまり見かけません。

一番お得なのは、公式サイトで顆粒スティックタイプを購入することです。

その理由を言いましょう。


シロップタイプと粉末タイプ(スティック)のちがい。買うならどっち?

オリゴのおかげ

オリゴ糖と言えば、シロップタイプを一番先に思い浮かべる方も多い。それが一番多くお店に売っているから。

だけれど、シロップタイプはオリゴ糖以外の糖分の割合が多く、オリゴ糖そのものの純度が低いのです。

メーカーによってもちがいますが、オリゴのおかげシロップの場合は、オリゴ糖の割合が30%、その他糖分が70%です。

それが、顆粒タイプだとオリゴ糖55%の割合にアップします。、

多少の糖分は平気だと言う人も多いですが、毎日摂るとなると、よけいな糖分は少ないほうがいいですね。なので、粉末(顆粒)タイプをおすすめします。

公式サイトでの通販限定で、1ヶ月定期コース(1か月分1,662円)、3ヶ月定期コース(3ヶ月分4,074円)の購入キャンペーンが行われているので、普段よりもお徳に購入することができます。(どちらも送料無料)

1回きりの購入でも休止・解約でき、安心して申し込むことができます。

「オリゴのおかげ」公式サイトはこちらをクリック

今まで飲んだオリゴ糖とのちがいは?

カイテキオリゴ

数値前、オリゴ糖として有名な「カイテキオリゴ」を飲んでいたことがあります。

飲み始め、確かに効果はありました。だけど飲んでいくうちに効果がなくなり…。

最初は1日スプーン1杯だった量が、2~3杯飲まないと効かなくなりました。

「カイテキオリゴ」を飲んだことある方なら分かると思うのですが、値段が高い。

1日1杯までなら1ヶ月3,000円くらいで済みますが、2~3杯だと月に6,000~9,000円近くになってしまいます。

さすがにそこまでお金をかける余裕はなく、他のものを探すことになりました。

あと、「カイテキオリゴ」は定期コースだと、専用の容器がもらえるのですが、詰め替えが面倒くさい。

衛生上、良くないと思って、3ヶ月に1回ほど容器を洗っていましたが、フタについているゴムの部分を外して洗ったり、乾かすときにすき間の水分がなかなか自然に乾くのを待つのが面倒くさかったです。

カイテキオリゴ

だからといって、袋のままスプーンですくって使うのも使いづらい…。


じゃあ、オリゴのおかげはどうなの?

オリゴのおかげ

カイテキオリゴと比べると、「オリゴのおかげ」だとまず第一にお値段が安いことが挙げられます。

定期コースだと、1ヶ月1,358円~1,662円しかかかりません。

もし多く飲みたくなっても、1ヶ月3,000円くらいで収まりそうなので財布にやさしい。

しかも、個包装で1日1本なので、使いやすい。

持ち運びもしやすく、毎回容器に入れ替える手間もないし、衛生的にも安心できる。

「カイテキオリゴ」は確かに良いオリゴ糖なのですが、私としては、長く続けるなら「オリゴのおかげ」のほうを選ぶと思いました。

オリゴのおかげダブルサポート公式サイトはこちらから。