フェカリス菌は、1986年に人の腸内から発見されたわりと新しい菌です。

フェカリス菌にも種類があり、EC-12株、FK-23菌などがあります。

長い名前で、エンテロコッカス・フェカリス菌と呼ばれています。

市販で有名なのは、朝のYooヨーグルトですね。

titiyasu

出典:http://www.itoen.co.jp/yoo/

フェカリス菌は、伊藤園が便秘や花粉症に特に効果がある乳酸菌としてピックアップしている菌です。

飲まなかったよりも飲んだほうが、便通が良くなるんだよ!というのを論文とかグラフっぽいもので自社のホームページで出してます。

しかし、日本癌学会や日本生物工学学会などでも色々研究されているようで、動物実験ではなく、ちゃんと人体を使って実験した結果ですので、かなり信頼がおけると言われています。

形としては小さくて丸いつぶつぶのような菌の集まりで、通常の乳酸菌の大きさと比べて可愛らしい菌です^^

小さいので、一度にたくさん摂取することができます。

通常は、生きたまま腸に届く乳酸菌が良いと言われていますが、フェカリス菌は逆に、死んだ状態で体の中に入れたほうが、免疫力が3倍アップすると言われている、おもしろい乳酸菌です。

なので、フェカリス菌が入っているヨーグルトやサプリは、すでに加熱殺菌されたフェカリス菌が死んだまま入ってます。(もちろん、生きたままでも効果はあります)


フェカリス菌の効果


  • 排便がモリモリになります。
  • 免疫力がアップして、風邪を引きにくくなった気分になれます。
  • アレルギー症状を軽くします。花粉症とか鼻炎とか。
  • 美肌効果があります。お肌とぅるとぅる。
  • 悪玉コレステロール値を下げる働きがあります。
  • 酵素処理をしたものは、肺炎を抑制する。

アレルギー症状については、ヒトではなく、マウスでの実験の結果となってます。


フェカリス菌が入っているサプリメント


久光製薬 乳酸菌EC-12 チュアブルタイプ


水なしでもお菓子感覚で乳酸菌EC-12が摂取できる、チュアブルタイプのサプリメント。

1日4粒で乳酸菌1兆個の効果を感じることができます。

しっかり腸まで届くフェカリス菌と合わせて、善玉菌を増やすミルクオリゴ糖も配合されています。

錠剤タイプのサプリが飲みにくいという方、忙しいので気軽に乳酸菌が取りたい方などにピッタリのサプリメントです。

久光製薬の乳酸菌(EC-12) チュアブルタイプのお試しはこちら。(初めての方限定)


ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

今話題のラクトフェリンを中心に、フェカリス菌とビフィズス菌をプラスしたサプリメント。

善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖も入っています。

『ホコニコのラクトフェリン』は一般のラクトフェリンとちがって、新鮮な生乳から直接抽出した品質の高いもの。

母乳にも含まれているラクトフェリンで便秘対策だけでなく、免疫力のアップも目指せます。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌【初回セール価格】はこちら。
バナー原稿imp

プロテサン

粉末タイプやタブレット、キャンディータイプのフェカリス菌商品を出している。

フェカリス菌の量は入っている成分で、パッケージの色がちがう。

女性に人気なピンクのパッケージに入っている濃縮乳酸菌FK-23菌プロテサンRは、フェカリス菌が1兆個 入っており、オリゴ糖や難消化性デキストリンなど、便秘に良い成分も配合されている。


腸内常在フェカリス菌FK-23

6粒で2400億個の乳酸菌が入っている。三角の錠剤。酵素処理を行っているフェカリス菌を配合している。

原材料:還元麦芽糖、難消化性デキストリン、結晶セルロース、フラクトオリゴ糖、エンテロコッカス・フェカリス菌、LFK(エンテロコッカス・フェカリス菌抽出物)、ショ糖エステル、香料(ヨーグルト)、クエン酸 ※原材料名の一部に卵白リゾチームを含む

フェカリス菌が入っているヨーグルト


伊藤園×チチヤス 朝のYoo(ヨー)フェカリス菌1000


かわいい男の子キャラクター「チー坊」が描かれているパッケージは、お店で見かけて目を引いてしまう。

乳酸菌はフェカリス菌が90%以上配合されています。

カップタイプのスプーンで食べるやつと、紙パックタイプとペットボトルタイプの乳酸菌飲料を出しています。

スティックタイプの栄養食品もあります。種類によって、乳酸菌の量や味がちがうので、お好みでチョイスして飲めます。

ちなみにイラストの「チー坊」は4人家族です。チーパパ、チーママ、チーネェで、顔は全員まったく同じでぼうしと髪型がちょっとちがったりするぐらいです。

みんな幼い顔をして、年を取ってないように見えます。あんまり深くない理由でもあるのかもしれません。

titiyasu2
出典:http://www.itoen.co.jp/yoo/

スポンサードリンク