牛動物

あまり知られていませんが、乳酸菌には実は2種類あることをご存じですか?動物性乳酸菌と植物性乳酸菌、どちらも乳酸菌ですが、含まれている食品やその効能に違いがあります。

今回は、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いと、それぞれの乳酸菌を豊富に含んでいる食品、そしてその効能について解説していきます。

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いとは?

動物性乳酸菌とは、ヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品に含まれている乳酸菌のことを指します。これらの乳製品に含まれている乳糖を原料として、乳酸を生み出しているのです。

この乳酸を多量に摂取することは、身体の疲労回復を鈍らせると考えられていましたが、最近の研究では、グリコーゲンと呼ばれるエネルギーの源となる成分を生み出すことがわかっています。

この動物性乳酸菌の代表的なものは、LG21乳酸菌やブルガリア菌、ビヒタスBB536、ガセリ菌SP株などがあります。

一方植物性乳酸菌は、ブドウ糖や果糖など、植物からの糖分で増殖することができる乳酸菌であり、漬物や味噌などに使用される、大豆や野菜、米を発酵させた食品に含まれています。

動物性乳酸菌は栄養価が高い環境の下でしか増殖することができないのに対して、植物性乳酸菌は栄養があまり豊富で無い環境でも生息することができます。

植物性乳酸菌の代表的なものは、漬物やキムチなどに使用されるラクトバチルス・プランタラムとラクトバチルス・プレビス、味噌の製造に使用されるテトラジョノコッカス・ハロフイルスなどが挙げられます。

また、動物性乳酸菌は約20種類ありますが、植物性乳酸菌はその10倍以上の種類があると言われています。

もう1つ、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の大きな違いは、他の菌と共存するかしないかという点です。植物性乳酸菌は他の菌と共存する性質があり、胃酸や胆汁に分解されくくなっています。

そのため、植物性乳酸菌は生きたまま腸に届きやすいのが特徴です。一方動物性乳酸菌は他の菌とは共存せず、単独で生息する性質があります。

そのため胃酸や胆汁の働きに弱く、すぐに分解される特徴があります。よって、生きたまま腸まで届かないのです。


動物性乳酸菌の効能

上記のように、動物性乳酸菌は生きて腸まで届きませんが、だからといって役に立たないというわけではありません。

胃酸で分解されて腸に届いた乳酸菌は、その死菌に含まれる成分自体が善玉菌のエサとなるので、善玉菌の増殖に役立つのです。

また、悪玉菌が作り出す有害物質やガスと結びついて中和させ、腸内環境を良好に保ってくれます。

また、動物性乳酸菌は乳製品に豊富に含まれているので、栄養価の高いものと一緒に美味しく摂取することができます。

乳製品にはこの乳酸菌の他にも、カルシウムや良質なたんぱく質が含まれているので、必要な栄養素を一度に摂取することができるのです。

チーズやヨーグルトは加熱せずにそのまま食べることができるので、手軽にこれらの栄養素と乳酸菌を摂取することが可能です。


植物性乳酸菌の効能


高い整腸作用


前述の通り、植物性乳酸菌は胃酸や胆汁の作用に強く、生きたまま腸へ運ばれます。生きたまま運ばれた乳酸菌は、腸内の善玉菌の活動をサポートしたり、腸の蠕動運動を促したりする働きがあります。

生きたまま腸に作用するため、動物性乳酸菌のおよそ10倍もの整腸作用が期待できるとされています。この整腸作用によって便秘や、それに伴う肌荒れの改善にも役立ちます。

免疫力を高める

植物性乳酸菌は腸内環境を改善することにより、便秘だけでなく身体全体の免疫力をアップさせる働きもあるのです。

腸には身体の全免疫系のおよそ60パーセントが存在するといわれており、腸内環境を良好に保つことで、冷えや肩こり、頭痛、食欲不振などの症状を緩和し、病気にかかりにくい身体にしてくれます。


まとめ

動物性乳酸菌と植物性乳酸菌には、それぞれメリットとなる役割があります。この2種類をバランスよく摂取することで、それぞれのメリットを最大限生かすことができ、健康な体作りに役立ちます。

どちらもバランスよく摂取することを心がけましょう。

スポンサードリンク