こんにゃくは腸のお掃除屋さん

こんにゃく
こんにゃくは昔から便秘に良いと言われています。

子どものころ、「こんにゃくは、おなかのおそうじをしてくれるよ~」と両親に言われて食べたことはありませんか?

こんにゃくは食物繊維の固まりなので、腸の中に入ると、食べ物のカスを吸着させて便の量を増やす役割をはたします。

便の量が増えると、腸が刺激されて便が運びやすくなり、早めに便が出るので便秘解消に役立つのです。

写真提供:https://ja.wikipedia.org/wiki/コンニャク


試してガッテンでのこんにゃく実験結果

こんにゃくには、グルコマンナンという水溶性食物繊維もふくまれていますが、こんにゃくイモからこんにゃくにするときの凝固剤によって、不溶性食物繊維に変化します。

どちらの食物繊維も便秘に良いと言われていますが、試してガッテンの番組内のマウスの実験で、グルコマンナンの粉とこんにゃくを砕いた粉を食べさせたら、こんにゃくを食べたマウスのほうが便が早くたくさん出たそうです。

男女6人の人間の実験では、1日1枚の板こんにゃくを10日間食べてもらったところ、5人からお通じが良くなったという声が聞かれました。

体型が太めの人については、体重が落ちた、血糖値やコレステロールが下がった、という便秘解消以外の効果も見られました。

その理由は、こんにゃくは腹持ちがよく満腹感を早くに感じるため。カロリーが低いこんにゃくを食べたおかげで、ほかの食事の量が減りダイエット効果にもなったのでした。


こんにゃくの美味しい食べ方


味噌こんにゃく

味噌でこんにゃくを炒める。発酵食品の味噌は、植物性乳酸菌をふくんでおり、善玉菌を増やす働きがあります。食物繊維&乳酸菌で、便秘解消効果がアップします。

納豆こんにゃく

納豆に、みじん切りにしたこんにゃくを混ぜよう。納豆も乳酸菌が入っているので、腸の調子を整えます。

料理をするのが面倒くさい方

  • 市販のこんにゃくゼリーを食べる。マンナンライフの蒟蒻畑は味もいろいろあって美味しい。
  • こんにゃくや、グルコマンナン入りのサプリメントも売っている。

注意!食べ過ぎると逆に便秘がひどくなる

便秘に役立つ美味しいコンニャクですが、あんまり多く食べ過ぎるのは要注意。

こんにゃくは不溶性食物繊維なので、便の材料になるので便の量が増えます。

水分をあまりとらない人だと、便の量に対して水分が足りなくなり、便が固くなってしまって、なかなか便が出てこないようになります。

逆に便秘がひどくなってしまうので、食べるときは3食のうち、1食に1品混ぜる程度にしておきましょう。

こんにゃくパスタなど、こんにゃくを多めに食べる機会があれば、いつもより水分を多く取ったほうがよいです。

食べ過ぎると胃を大きくしてしまう働きがあるので、そこにも注意。

よけいにお腹いっぱいにご飯をたべてしまって、便秘対策どころか体重をも増やしてしまう結果になります。

あとは、よく噛んで食べないと、こんにゃくの固まりが腸を詰まらせてしまい、腸閉塞を起こすことがあります。

腸がつまるまで食べるのは、1kgほどと相当の量を食べないと無理ですが、こんにゃくダイエットなどで食べ過ぎてしまうのはありえることです。

腸閉塞になると、かなりの腹痛と嘔吐がおこり、処置が遅れると死に至る危険がありますので、気を付けましょう。

スポンサードリンク