玄米は便秘の解消効果がある?

玄米
玄米は食物繊維や栄養素が豊富で、健康に良いとされています。また、玄米には便秘解消効果もあると言われていますが、果たしてこれは本当でしょうか?

今回は玄米の便秘解消効果について検証していきたいと思います。

玄米が便秘解消に良い理由

玄米は、稲の種実である籾から籾殻だけを取り除き、乾燥や籾摺りを経た米のことを指します。白米とは異なり、糠や胚芽が付いたままとなっています。

便秘解消の他、健康や美容、ダイエットにも効果的とされている玄米は、ヘルシー志向やマクロビオティックなどの分野でも注目されています。

それでは、なぜ玄米は便秘に効果的であると言われているのでしょうか?


表皮部分の糠にある豊富な栄養素

白米の場合、精米の段階で表皮部分の糠の層は捨てられてしまいますが、玄米にはこの層が残っています。漬物などに利用されている糠は、実はミネラルやビタミンが豊富に含まれているのです。

玄米を食べることで、身体に必要な栄養素を一度に摂取することができます。ビタミンやミネラルをバランスよく摂取することで胃腸の正常な働きを促し、お通じを良くすることができるのです。


食物繊維が豊富

上記のミネラルやビタミンの他にも、玄米には食物繊維がたっぷりと含まれています。食物繊維は腸や便の中の水分を増やし、便を柔らかくする作用があります。

また便が膨張することで腸の蠕動運動が活性化され、スムーズな排便を促してくれます。

他の食品とは異なり、玄米は主食となることができるので、たっぷりの食物繊維を毎日無理なく継続して摂取することができます。


程よい噛み応え

玄米は白米よりも固く、程よい噛み応えがあることが特徴です。しっかりと噛むことで胃腸にかかる負担を減らし、スムーズな消化を促してくれます。

また、胃腸の負担が減ることでこれらの内臓の機能が良好に保たれ、便秘が解消されやすくなるのです。

スポンサードリンク

玄米で便秘が悪化する場合も

このように、玄米は確かに便秘解消に効果がある成分や要素を備えています。しかし、場合によっては逆に便秘を悪化させてしまうこともあるのです。

それでは、なぜ便秘が悪化してしまうのでしょうか。玄米のデメリットを見ていきましょう。


玄米の消化不良

先ほど述べましたように、玄米は白米に比べて固く、噛み応えがあります。しっかりとよく噛めば問題はありませんが、通常白米を食べている人が突然玄米を食べ続けると、消化不良を起こす場合があります。

それは、白米と同じような感覚でよく噛まずに食べてしまうからです。また、既に長い間便秘になっており、胃腸が弱っている時に玄米を食べると消化不良を起こす恐れがあります。


玄米に含まれる食物繊維

玄米に含まれている食物繊維は、「不溶性食物繊維」と呼ばれているもので、水に溶けないタイプのものとなっています。

このタイプの食物繊維は消化されにくく、胃腸の機能が低下している状態で大量に摂取してしまうと、消化されずに腸に負担をかけてしまう恐れがあります。

また、既に便秘に悩まされている場合は、腸や便の水分が不足していると考えられます。水分が足りない状態で不溶性食物繊維をたくさん摂取してしまうと、便が硬くなってしまい、便秘が悪化する恐れがあります。


体質によっては合わない場合も

もし幼い頃から便秘気味だったり、ウサギのフンのような小さくて丸い便が頻繁に出るような場合は、玄米の摂取を控えたほうが良いでしょう。

この2つのケースに当てはまる場合、腸が平均的な長さよりも長かったり、腸が軽度に捻じれている可能性があります。そのような場合、玄米を摂取すると逆に便秘を悪化させる恐れがあります。


便秘解消に有効な玄米の食べ方

玄米を摂取すると、かえって便秘を悪化させる可能性があることがわかりました。玄米の便秘解消効果を有効なものにするためには、どのようなことに気をつけて摂取すればよいのでしょうか?

効果的な玄米の食べ方のポイントをご紹介します。


よく噛んで食べる
玄米を食べる際は、消化吸収を良くするためにもしっかりと噛むことが大切です。一口ごとに10回以上噛むことが理想的とされています。

面倒に感じることもあるかもしれませんが、便秘解消効果を最大限に高めるため、そして胃腸になるべく負担をかけないようにするためにも、よく噛んで食べましょう。


白米から段階的に玄米に移行する
先ほども述べましたように、日常的に白米を食べている状況から急に玄米をたくさん摂取すると、便秘を悪化させる可能性があります。

急に毎食を玄米に切り替えるのではなく、白米と混ぜて食べることから始めて、徐々に玄米の量を増やしていくことをおすすめします。


水分をしっかり摂る
玄米に含まれている食物繊維は不溶性食物繊維であり、また玄米は白米に比べて含まれている水分量が少なくなっています。

水分が不足している状態で不溶性食物繊維ばかりを摂取すると、便秘が悪化してしまいます。玄米を食べる際は、できるだけ水分もたくさん摂取することを心がけてください。

お水やお茶などを食事と一緒に摂取するのもおすすめです。


まとめ

玄米は栄養満点で身体にも良い成分がたくさん含まれていますが、場合によっては便秘を悪化させる原因となる可能性もあります。

上記の方法に従って、体調を見ながら玄米を食べることをおすすめします。

スポンサードリンク