もう真夜中なのに、便秘のせいで苦しくて眠れない…そんな夜にお悩みの方のために、解消方法を探してみました。

便秘で不眠な人

解消方法1:腹筋

まず、ゆっくりと水をコップ1杯飲んでください。冷たいほうが腸の反射を起こしやすいのですが、寝る前なのであまり身体を冷やしたくない場合は、室温かぬるめの水にしましょう。白湯でも大丈夫です。

あおむけに寝ます。そして、両腕を胸の前でクロスさせ、反対側の肩をそれぞれ抱くようにします。そして、膝を曲げてお腹に近づけます。

その膝をキープしたまま、頭を膝に近づけるように体を丸めます。10回ほど繰り返します。できるようなら、もう少したくさん行ってください。

お腹が痛いのに腹筋?ですが、腸が痛いくらい便が詰まっていると、きっとこのままゆっくり眠れません。水を飲んでから行うのを忘れないでくださいね。


解決方法2:マッサージ

あおむけに寝て、お腹の上に両手を置き、おへその周りをまるくまるくマッサージします。

痛い部分は少し強めに押し、便が腸を通り抜けられるように手伝って上げてください。決して強く押さないように!さするくらいの感じで大丈夫です。

左の骨盤の内側の部分が固くなっている場合はそこは強めに押してあげてください。その部分はS字結腸といって、腸の角度的に便が詰まりやすいところです。そこをほぐしてあげることで腸が動き始めることもあります。

お腹のマッサージは、座った姿勢でもできます。やはり水を飲んでから行ったほうが効果があるようです。


解消方法3:8の字エクササイズ

椅子に座った姿勢で行えます。

手を前に組み、腕全体で8の字を描くようにします。大きく描いてください。

片足の膝の上にもう片方を乗せ、8の字を描きます。

次に背中で手を組んで、大きく後ろで8の字を描きます。

最後に、座った姿勢のまま両足を浮かせて足の裏で8の字を描きます。

左右8周ずつ行ってみてください。痛すぎたら無理はしないように!


解消方法4:水分を摂る

水分を摂って腸の固い便を柔らかくしましょう。あまりお腹が痛いときは、冷たい水を飲むと余計に刺激が加わってお腹が痛むことがあります。

カフェインは腸を刺激してくれる効果がありますが、真夜中を過ぎたら美容の大敵ですのでぐっとこらえ、白湯にしておいたほうが良いでしょう。


最終手段:即効性のある便秘薬を使う

眠れないほど痛いときというのは、相当切羽詰まっているときです。ここは薬の力を借り、明日からきちんと食生活を切り替えて食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖の力で腸を整えていくのもよい方法です。

⇒ 便秘に良い食品「オリゴ糖」とは?

便秘薬は常用するとどんどん効果が薄れます。この時1度限り!と決めて、使ってみるのもよい方法です。

手元に便秘薬がない場合。真夜中だと便秘薬は購入できません。コンビニには、便秘薬は売っていません。

眠れないほど痛いというのは尋常ではありませんので、病気が隠れている可能性もあります。

あまりにガマンできない、何かありそうだという場合には、救急車を呼んだりタクシーなどで夜間病院に行くという手段を取るのも手です。

スポンサードリンク