過敏性腸症候群サプリ
おなかが緩くなってしまうために外出や出勤がおっくうになってしまう困った症状が過敏性腸症候群です。

過敏性腸症候群になると、腸が刺激に弱くなってしまいます。

なので、一般的に「腸に良い」と言われている食物繊維はNGの場合もあるとか。

ゆるやかに効果が期待できるサプリメントをまとめました。

スポンサーリンク

乳酸菌革命


16種類の乳酸菌を配合しているサプリメントです。

胃酸の影響を受けにくい有胞子乳酸菌を使用し、耐酸性カプセルで腸まで生きたままビフィズス菌をはじめとする乳酸菌を届けるサプリメントです。

たくさんの種類の乳酸菌を配合していますが、乳酸菌はひとつひとつ働きが微妙に異なります。

たくさんの種類の乳酸菌を摂ることによって、腸内での役割を補い合い、広範囲に腸内環境の改善を図れるという強みがあります。

その人に合う乳酸菌は、人によって違います。

たくさんの種類の乳酸菌を配合することによって合致する可能性が多くなります。

腸内環境を根本的に改善するためのサプリメントとして効果が期待できます。

ビフィーナS


腸までビフィズス菌を生きて届けることにこだわったサプリメントです。

大腸の調子を整えようとするなら、実際に生きた乳酸菌を大腸に送り込むのが良いとされています。

そこで乳酸菌が活動して乳酸を分泌し、腸を悪玉菌が繁殖しにくい状態にするためです。

ビフィーナSはビフィズス菌の中でも生存率の高いロンガム種を配合しています。

さらに耐酸性カプセルを使って大腸に確実に届くことをねらったサプリメントです。

ビフィーナSは機能性表示食品です。

腸内フローラ(細菌叢)を良い状態にして便通を改善することが認められています。

ビフィズス菌は腸内の代表的な善玉菌です。

過敏性腸症候群の方は、腸内の環境が常に悪い状態が続いています。

外から取り入れたビフィズス菌は、そのまま体の中に根付くことはありません。いずれ排泄されてしまいます。

ですが、生きているビフィズス菌を取り入れると、腸はビフィズス菌が生み出す物質によって徐々に善玉菌が繁殖しやすい状態に変わっていきます。

ビフィーナSの実験結果で、善玉菌が増えるという効果を認められたのは2週間摂取した後のデータでした。

継続することによって効果が生まれます。

スポンサーリンク

ライラック乳酸菌


ライラック乳酸菌とは、納豆菌の仲間です。

納豆菌も乳酸菌の仲間で、乳酸菌の中の有胞子乳酸菌に数えられます。

ライラックの花から取られ、胃や腸でほとんど生きたまま腸まで届くという特性があります。

納豆菌は繁殖力の強さで知られています。1個の納豆菌は腸に入ると40億倍に増えます。

ライラック乳酸菌も類似の増え方をすると考えられています。

有胞子乳酸菌とは、種にたとえられる固い殻をまとっています。

殻に守られてライラック乳酸菌は胃酸を通過し、腸で発芽します。

ライラック乳酸菌は大腸の奥まで生きた状態をキープしながら進むことができるため、腸内の状態を善玉菌が繁殖しやすい状態にします。

ライラック乳酸菌の作り出す物質は腸内にもともと住んでいる善玉菌に餌を与える働きをします。

このため、腸を善玉菌優勢の環境に導く力が強く、過敏性腸症候群で乱れた腸の環境も改善することが期待されているのです。

ライラック乳酸菌に含まれている乳酸菌の量は1億個。

これは、乳酸菌のサプリメントの中ではかなり少ない部類に入ります。

ですが、ほぼすべてが腸まで届くこと、そして腸の奥まで活動しながら進めること、繁殖力が高いことを考えると1億個で十分なのです。

善玉菌のチカラ


カスピ海ヨーグルト由来の乳酸菌、クレモリス菌FC株を配合しています。

食物繊維も配合しています。

クレモリス菌FC株を5週間連続して摂取すると、腸内の善玉菌が5倍に増えたという実験結果もあります。

過敏性腸症候群の方には、食物繊維を過剰にとるとかえって腸に刺激を与えてしまうと言われています。

特にガス型の過敏性腸症候群の方はあまりとりすぎてはいけないとも言われます。

ですが、善玉菌のチカラに含まれている食物繊維の量は腸に刺激を与えるほど多くはありません。

食物繊維は腸内の善玉菌の餌となり、繁殖しやすい状態を作ってくれるのでガス型でない方は積極的に摂取してもよいようです。

カプセル一つに20億個のクレモリス菌FC株を配合し、さらに現代人に不足しがちなカルシウムを70mg含みます。

ペパーミントオイル


過敏性腸症候群による腹痛を緩和し、症状を改善する働きが報告されています。

2週間以上の摂取によって効果が出るようです。

そのままでは刺激が強すぎて飲めませんので、腸で溶けるタイプのカプセルに入っているものをおすすめします。

ペパーミントには胃腸の働きを整える作用もあり、体をゆったりとさせる副交感神経の働きを活性化する作用もあります。

腸と自律神経は深く関係しているため、交感神経と副交感神経のバランスが取れると過敏性腸症候群の症状は和らぐと考えられています。

過敏性腸症候群の主な原因はストレスと考えられています。

ストレスとは交感神経が活発に働くことです。

現代社会はストレスにあふれています。

ストレスに対して体が常に臨戦態勢にあることが、副交感神経の働きを弱らせてリラックスできない体を作ります。

腸は副交感神経が優位の状態の時に働きます。

食事をしてしばらくすると眠くなりますが、食事が胃腸に入って消化吸収の働きが促されると副交感神経が活性化するので眠くなります。

体が休息を求めるようになるのです。

便秘や下痢にはペパーミントティーが効く、というヨーロッパの家庭の知恵もあるように、ハーブを昔から使ってきた地域では民間薬として使われています。

ペパーミントティーだと少々効果が弱いので、腸で溶けるタイプのカプセルを使ったオイルのサプリメントを使うとよいでしょう。

ココカラケア


C-23ガセリ菌(ガセリ菌CP2305株)を配合したサプリメントです。

C-23ガセリ菌はストレスから受けるダメージに効果があることから、過敏性腸症候群の症状を和らげるのに効果があると期待されています。

実際に、C-23ガセリ菌を摂取した人としない人を4週間後に比べたところ、C-23ガセリ菌を4週間取り続けた人のほうが過敏性腸症候群の症状が和らぎ、便も正常な状態に近づいたとされる実験結果があります。

腸と脳は深く関係しあっているといわれ、そのメカニズムはすべてが明らかになっているわけではありません。

ですが、有意に過敏性腸症候群の症状がC-23ガセリ菌で良くなるのは確かなようです。

ビフィコロン


ビフィズス菌を生きたまま大腸へ届けるためにダブルガードカプセルというカプセルを採用したサプリメントです。

腸内環境を良くし、腸の調子を整える機能が報告されているBB536菌を使用した機能性表示食品です。

ダブルガードカプセルは胃や小腸を通過し、大腸付近でようやく溶けることができる(約83%の成功率)ということが証明されています。

大腸の調子を早く整えることを考えると、ビフィズス菌は生きて大腸まで届くことが重要になってきます。

大腸に住んでいる善玉菌の99.9%はビフィズス菌です。

ビフィズス菌の作り出す酢酸は悪玉菌の繁殖を抑え、腸内環境を善玉菌優位のものにします。

ビフィズス菌は熱や酸に弱いので、生きて届けるためには特殊なカプセルを必要とします。

日清ファルマは、このダブルガードカプセルについて特許を取得しています。

確実に生きた乳酸菌を大腸まで届けることによって過敏性腸症候群の症状の緩和をめざしています。

過敏性腸症候群のタイプ


過敏性腸症候群とは、下痢や便秘などの腸のトラブルを繰り返す症候群のことです。

特徴としては、便秘だけ、下痢だけということはなく、さまざまな腸トラブルを繰り返すことが挙げられます。

その中でも、特に多い症状を取り上げて「〇〇型」と呼ぶことがあります。

下痢型


場所や時間を選ばず、下痢を催してしまうタイプです。

通勤中の電車の中や、これから打ち合わせというシチュエーションでも起きてしまうため、一番悩みが多いタイプが下痢型です。

男性に多いタイプです。

便秘型


原因不明の便秘が続き、腹痛やおなかの張りを感じます。

大腸刺激性の下剤を飲むと、刺激に弱くなっている腸が今度は下痢を起こします。

交代型


下痢と便秘を繰り返すタイプです。

ガス型


便秘が先に起きることが多いのですが、ガスが多く発生することによっておなかにたまります。

腹痛や不快感が主な症状です。おならを頻発してしまうこともあり、外出しづらくなります。

スポンサーリンク