R1ヨーグルトは、インフルエンザや風邪予防として知られている乳酸菌飲料ですが、便秘にも効果があると言われています。

毎日快便で腸がきれいだと、体の中の老廃物が減るということであるので、免疫力がアップし、その二次作用でインフルエンザや風邪などの疾患を予防する仕組みです。

r1

R1ヨーグルトで便の色が変わる

私は、R1ヨーグルトをそんなに長い期間飲んでいるわけではなかったのですが、数日間にわたって毎日飲み続けていたという妹に、便秘に効果があったか聞いてみました。

妹は便秘解消目的ではなく、インフルエンザ予防に飲んでいたそうなのですが、R1ヨーグルトを飲み続けたら、飲む前は黒っぽい便だったのが、薄い黄土色に変化していたそうです。

形もきれいなバナナ型だったそうで。

黄土色は健康な人の便の色で、赤ちゃんなんかは腸内に善玉菌がほとんどなので、黄色っぽい便が多いです。

R1を飲み続けてこの効果ならば、少なくとも妹の便秘には効果があったと言えますね。


「1073R-1乳酸菌」はNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる結果がでた

ナチュラルキラーがある病人
ナチュラルキラーとは、病原菌が体の中に入ってきたら退治してくれる、たのもしい免疫機能のこと。

ガン細胞も殺してくれる、人間の体にとってはありがたい殺し屋さんです。

R1ヨーグルトを作っている明治乳業は、「1073R-1乳酸菌」を使用したヨーグルトで風邪をひく確率が低くなるのか?という人への実験を、過去にて行っています。

※乳酸菌1073R-1株試験結果(1)株式会社明治の公式サイトより。
http://www.meiji.co.jp/yogurtlibrary/laboratory/report/1073r1/03/01/

山形県舟形町在住の70~80歳の健常高齢者29人に対して、8週間「1073R-1乳酸菌」の入ったヨーグルトを摂取してもらい、牛乳を摂取した28人の場合と比較してみたという実験です。

結果は、風邪をひくリスクが牛乳が1だとすると、ヨーグルトの場合は0.44と低くなりました。

翌年の佐賀県有田町在住の60歳以上の健常高齢者の85名に行った実験では、なぜか牛乳のほうがヨーグルトよりもNK(ナチュラルキラー)が活性化したデータがあるのですががが…。

まぁ、両者の結果を足して引くと平均して、風邪のリスクが1から0.39に減ったよ!!とのことでした。

つまり、本来なら100人感染するのに、39人に抑えられるということ。

人数に治すと、かなり効果があるように見えますね。

風邪と便秘がどう関係あるんじゃい!?と思う人もいるかもしれませんが、免疫力というのは腸から生まれているのです。

便秘で腸内の悪玉菌が多いと、それが腸の壁から血液中にわたって全身をかけめぐり、表から見ると吹き出物ができたり、体臭がきつくなったりします。

ただでさえ老廃物を処理できない体は、病原菌が入ってきても便秘をしてない善玉菌が多い健康な体と比べると、すべてに対処することはできません…。

とくに、口から食べ物を摂取しているので、病原菌だけではなくて、食べ物に入っている菌や添加物にも対処する必要があります。

腸の健康は、全身の健康につながるということ。

乳酸菌を摂取して、腸の善玉菌を増やして便秘を解消したり、予防したりすることは免疫力アップにつながり、風邪やインフルエンザの病原菌を撃退することにもつながるのです。



他のヨーグルトや乳酸菌を食べたら、NK(ナチュラルキラー)細胞は活性化するのか?

ビフィズス菌ヨーグルト
『人やマウスに対しての実験結果が、1073R-1乳酸菌は明確ではある。』

というだけで、他のヨーグルトがR1ヨーグルトに劣るわけではありません。

これは、乳酸菌について詳しいなら、専門家じゃなくても分かることなんです。

『R1ヨーグルトじゃなくて他のヨーグルトでも同じ効果がある』

断言できます。

他社のヨーグルトや乳酸菌の製品をだしている、ホームページなどにいけば実際に実験を行っている会社もあります。

世間一般的に知られていないだけ。

実験してないけど、実はもっと高機能な商品だって埋もれているはずです。

たまたま、NHKが特ダネを探していて、小学校で実験した結果を見てコレだ!と食いついたわけですよね。

それが今回たまたま、R1だったというだけ。

R1ヨーグルトに入っているブルガリア菌自体は、明治乳業だけではなく、ほかのメーカーのヨーグルトにも使用されていたりします。

乳酸菌には、ブルガリア菌だけじゃなくてビフィズス菌やらラブレ菌など、ほんとにさまざまな種類があります。

しかも、個人個人の腸が必要としている、菌はちがうんです。

1073R-1乳酸菌を必要としていない腸だったら、いくらR1ヨーグルトを飲んでも、効果がなく排出されるだけです。

何の菌を必要としているかは、実際に摂取してみなければわかりません。

1か月間摂取してみて、何も効果が感じられなければ、別の乳酸菌が入った商品やサプリメントを試してみないと、お金や時間が無駄になってしまいます。

ブルガリア菌の一種である、1073R-1乳酸菌じゃなきゃ絶対ダメというわけではないのです。

なので、R1が売りきれちゃっているよ~!となげき悲しむ必要はありません。

近くにある、別の乳酸菌が入ったヨーグルトでも試してはいかがでしょう。

あんがい、R1よりもアナタの体に合っているかもしれませんよ^^


R1ヨーグルトがガンに効く???

ガンの薬
テレビの報道は、大げさすぎないかと思うのです。

癌(ガン)にも効く、と思い込んでいる人もいて、わらをつかむようにR1を求めはじめた。

という人の話もネット検索をして読みました。

そこまでいくと、医薬品ではないR1ヨーグルトは、薬事法に違反しているんじゃないかと一部の人に懸念を抱かれたりしたわけですね。

今まで癌に効くと言われている、高価なサプリメント?を試してみたけど、テレビでR1が癌に効くというのを知って、今まで使ったお金の額を思い、がっかりしたという、お話しもネットで読んだのですが、R1は癌の特効薬なんかではありませんよ…。

なんだか話が大きくなりすぎていて、医療業界の闇を見たような気がしました(汗)

確かに癌の特効薬?みたいなのは、この世に存在しているかもしれませんが。

もし、存在していても、それだけ飲んでいれば安心というわけではなく、食事バランスや運動、ストレスを解消する、親しい人と笑いながら毎日を過ごすなど多方面からのアプローチが必要であろうと思うのです。

乳酸菌やヨーグルトは魔法のくすりではないのです。。。


家族で続けるのは、経済的負担が大きい…。

お金で悩む夫婦
R1は、便秘解消や免疫力アップに良いと言われていても、1本定価110円以上もします。

私が買ったときは、値引きで税込117円でした。

コンビニでは132円くらいするっぽいです。

1人だけでも、毎日飲むと1ヶ月3,510円~3,960円と、まぁけっこうかかります。

普通に健康食品で乳酸菌サプリを買うにも、それぐらいかかっちゃったりしますが、

家族で毎日飲むとすると、2人だと月7,020円~7,920円、3人だと月10,530円~11,880円!もお金がかかってしまいます。

健康は大事とはいえ、年間を通すと相当な出費になってしまいますね><

じつは、他の乳酸菌サプリでは、同じような成分もしくは、さらに良い成分が配合されていて、もっと値段が安いものがたくさんあります。

これは私個人の意見ですが、R1は、1073R-1乳酸菌の量を明記していないところが気になります。

他の乳酸菌飲料や、ヨーグルトは明記してある商品・ない商品ありますが、商品に相当自信があるのなら、乳酸菌がどれくらい入っているのか量を明記してほしいなって思ってます。

どうしても、R1ヨーグルトじゃなきゃダメだ!と思う人もいるかもしれませんが、別にR1じゃなくても善玉菌を増やせればいいよという方は、オリゴ糖をおススメします。

乳酸菌には色々な種類があり、自分の腸内細菌に合った乳酸菌を探すには実際に乳酸菌サプリを飲んだり、ヨーグルトを食べたり飲んだりして確かめるしかないのですが、オリゴ糖だと自分のもともと持っている善玉菌を増やしてくれます。

食品売り場に売っている液体タイプよりも、よけいな糖分の少ない粉末タイプのオリゴ糖がとくにおすすめです。

私の一番のお気に入りは、通販で購入できるトクホの「オリゴのおかげダブルサポート」。これは、国の特許を取得しているオリゴ糖で値段もかなり安く、家族全員で飲んでも家計のダメージになりません。